退職届と退職願の違いは?

生活

求職する時に履歴書や職務経歴書を出すように、退職する時はその旨を伝える書類を出さなくてはなりません。

では、退職届と退職願のどちらを出せばいいのでしょう。

 

退職届?退職願?どっち? 

退職願は退職したい旨を伝えるもので、退職届は退職する強固な意志を伝えるものなので、受け手の対応も変わってきます。

退職願の場合は、もし退職することをやめた場合に撤回出来ますが、退職届の場合は撤回出来ません。

退職願は上司に提出して、その退職を承認したことを本人に告げられるまで「雇用契約の終了予告」となりませんが、退職届は提出した時点で「雇用契約の終了予告」が成立するのです。

 

解雇の場合も書類を提出するの? 

自分に退職の意思が無くても、会社から肩を叩かれてしまった場合には「退職届」を出しましょう。

ここはとても大事なところなので、間違っても「退職願」を出してしまわないように気を付けなくてはなりません。

何故なら、「退職願」にしてしまうと、自己都合扱いにされてしまう可能性があるからです。

文面には必ず「貴社より解雇を通告されたため退職します」と入れましょう。

自己都合と解雇では、失業保険の受給にも支障がありますからね。

 

辞表って何? 

「辞表を叩きつけてやったよ!」ってTVとかで聞いたことありますよね?

辞表って退職届とかとは違うものなのか。

全然違うんですよね。

「辞表」とは、取締役など会社運営に携わる重役や公務員が出すものなんです。

つまり、これまでの役目や役職を辞するときに使うんです。

退職届など雇用契約を終了する時に使うものとは格が違うんですよ。

 

退職届の書き方は?

特に専用の用紙は必要ありません。

ただ、正式な書類として扱われるので黒いボールペンを使い、楷書で丁寧に書きましょう。

縦書きが基本で、一番右の行に「退職届」か「退職願」と少し大きめに書きます。

2行目には下のほうに「私儀」「私事」と書き、いよいよ本題。

本文には「このたび一身上の都合により、来たる平成〇年○月○日をもって退職致します」と3行ぐらいで書きます。

退職願の場合は「…退職いたしたく、ここにお願い申し上げます」と書きます。

そして「提出日」「自分の所属」「自分の名前」を書き、名前の下に判を押して最後に「会社の正式名称」「社長の名前」を書いて出来上がりです。

 

退職の意思を伝えたら…

最近は退職の意思を伝えてもなかなか辞めさせてくれない企業が増えているようです。

雇用契約書などで縛ったり、急に仕事を増やしたり、離職票を出してくれない企業もあるそうです。

何度退職願を提出しても受け取ってくれなかったり、引継ぎが出来るまでと引き伸ばされるケースもあるようですが、一か月前に書類を提出した証明さえ出来れば会社側は拒否できません。

円満退社を望むのは難しいかもしれませんが、早めに上司に相談し話し合いお互いにしこりの残らない退職にしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました