ウォークマンとiPodの違いとは?どっちがいいか比較してみました!

生活
スポンサーリンク

ウォークマンとiPod、見た目はそんなに変わりはなさそうですが、どこが違うの?

どっちがいいのでしょうか?

ウォークマンの魅力は?

ウォークマンの一番の魅力といえば音質です。

ウォークマンの会社「SONY」と言えば誰もがご存知の通り元々デジタルオーディオなど音楽から始まった企業です。

音質に関しての知識は豊富なんでしょうね。

付属品のイヤホンもわざわざ買い換える必要がないほど良いです。

周囲の音を聞こえなくするノイズキャンセリング機能も付いているので音楽の世界にたっぷり浸れます。

音量調節などの操作性も良く、語学学習機能など機能重視なのがウォークマンのですね。

ウォークマンのここが気になる!

ウォークマンを利用していて気になるのが故障が多いことです。

日本製の商品なので故障してもサービスセンターが近くに点在するし、修理の対応をしてくれる量販店も多いのですが、お金も時間もかかるのでちょっと困りますよね。

そして、オプションパーツがほとんど無かったり、ゲーム機能が無いので、音楽以外で楽しみたい方には物足りないでしょう。

曲を取り込む時の「SonicStage」の使い勝手があまりよくないとも聞きます。

一昔前はイヤホン付きプレーヤーと言えばウォークマンが定番だったんですけどね。

iPodの魅力は?

iPodの一番の魅力は対応する機器が多いことです。

コンポやカーオーディオなどにも接続出来て、内蔵スピーカーやボイスレコーダー、万歩計などの機能もついていて魅力的です。

iPodの会社「Apple」はご存知の通りパソコンから始まった企業なので、音楽は多数あるアプリの一つという感じですよね。

iTunesを利用すれば、そのまま音楽ファイルを転送できて使い勝手が良いです。

デザインが良く、シェアや人気度も高いようです。

ゲーム機能も付いているので、多機能で楽しみたい方はiPodがいいですね。

iPodのここが気になる!

多機能になったせいもあり、バッテリーの持ちが悪いというのが致命傷です。

ウォークマンに比べて音質や画像が悪かったり、付属のイヤホンが安物で新たに購入する必要がありそう。

そして、故障したときは対応してくれる量販店がなく、自分でサービスセンターに持って行くか、Appleに郵送するしかないという面倒くさいところです。

故障は少ないようですけど…。

パソコンや携帯電話もそうですが、外国製だと故障した時の対応が一番困ってしまいます。

面倒なので、買い換えを考えてしまいますね。

ウォークマンとiPodの違いはわかった!おすすめはどっち?

それぞれの良いところ、悪いところ調べてみましたが、何を重視するかです。

連続再生可能時間はウォークマンが約40時間に比べiPodは半分程度ですが、実際40時間聴き続けることがあるでしょうか?

音質に関しても詳しく調べると素人レベルではほとんど分からないほどの差だそうです。

ゲーム機能が無くても携帯電話に溢れんばかりのゲームアプリがありますし…。

ポケットやカバンに入れてしまえば、デザインだって気になりませんよね。

結局は個々の好みで選べばいいんではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました