手の甲に蕁麻疹!原因なんでしょうか?

健康

手の甲に謎のぷっくりした腫れや、プツプツが出来る事ってないですか?

湿疹なのか蕁麻疹なのか分からないけれど、女性だと家事をしている時にふと気になったリもしますよね。

この謎の蕁麻疹の原因ってご存知ですか?

 

蕁麻疹はどのような症状??湿疹と違うの?

蕁麻疹とよく似ていると言われるのは「湿疹」ですが、どちらもかゆみが主な症状となりますが、その原因や治療方法は異なります。

湿疹の症状については、かゆみを伴う赤いブツブツが身体の一部に現れる事が多いですが、数日から1週間以上この症状は続きます。

症状が進むと大きな水泡となり、水泡はやがて破れて皮膚の表面はジュクジュクするというような症状を繰り返し、皮膚は厚くなり、かゆみも

強くなっていきます。更にかく事で症状が悪化してしまいます。

蕁麻疹の特徴は、皮膚の一部に蚊にさされたような大きさの赤い膨らみができて、かゆくなります。この膨らみは「膨疹(ぼうしん)」と呼ばれます。

数十分から数時間で消える事が多いですが、最初の症状が現れてから1ヶ月以内のものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上続くものは「慢性蕁麻疹」といいます。

 

蕁麻疹の原因はなに?

湿疹の場合の原因としては、金属に含まれるニッケルやコバルトなどの刺激物の接触、内服薬などによる身体の内部から起こる場合のなどです。

手袋などのゴム類、化粧品に含まれる化学物質や洗剤に含まれる界面活性剤なども原因になる場合があります。

一方、蕁麻疹の原因は、食品添加物、食べ物、抗生物質などの薬剤の他、植物や虫、物理的刺激、発汗などさまざまです。

食べ物の原因ではサバやアジ等の青魚のアレルギーによるものが有名ですね。

しかし、慢性蕁麻疹については、原因がわからないまま経過する事が多く、数ヶ月や何年か続いた後におさまる事が多いそうです。

 

 

なぜ手の甲に蕁麻疹ができるの??

蕁麻疹と思っているものは、「主婦湿疹」かもしれません。

洗濯や炊事等の水仕事を長時間繰り返す事によるストレスが原因で起こる湿疹です。

利き手の指から始まり、手の平や甲にまで広がり、カサカサして乾燥して皮がむけるなどの症状が出る場合もあるので

このような症状の場合は主婦湿疹の可能性があります。

蕁麻疹が出るしくみは、皮膚の下の「肥満細胞」から何らかの刺激によって「ヒスタミン」が出る事で、毛細血管から血液成分の一部が

漏れ出て盛り上がり、かゆみを引き起こします。

この刺激にはストレスや疲労が原因となっている場合も多いので、心当たりの無い蕁麻疹が出来た場合は生活を見直す必要があります。

手の甲は蕁麻疹が出来やすい場所とされます。その他にも太もも、腹部、おしり、乳房付近、頭皮、足、唇、背中などですが、

身体の皮膚ならば全てに発症すると言われています。

また、口の中やのど、胃腸、目などの粘膜にも出来る場合がありますが、この場合は症状がかゆみだけでなく、腹痛や呼吸困難等を

誘発してしまう恐れがあります。

 

まとめ

蕁麻疹は出来ると見た目にも悪く、原因がわかりにくいので不安ですね。

食べ物や薬などで思い当たる事が無ければ、ストレスや疲労を疑っても良いでしょう。

また、リラックス状態にある時でも蕁麻疹が出る場合があるようです。

これは緊張した状況から解き放たれ、リラックスした際に自律神経のバランスが変わって出る症状のようです。

どのような場合でも、気になる場合は皮膚科を受診された方が良いと思いますが、こうなる前に、日頃からアレルギーテストを受け

自分の体をよく知っておく事も大切です。

原因不明の蕁麻疹が出る時は、長い入浴を避けてシャワーだけにし、飲酒を避けてあっさりとした食事にして皮膚科を受診しましょう。

タイトルとURLをコピーしました