埼玉の花火大会2015 私のおすすめはコチラ!

夏と言えば花火!夜空を彩る大輪の花!!
ここでは、埼玉のおすすめ花火大会について、ご紹介しましょう!

 

小江戸川越花火大会!今年は伊佐沼だ!

川越といえば「小江戸川越花火大会」。
安比奈新田と伊佐沼の会場を一年ごとに変え実施されます。2015年は伊佐沼の会場!
日程は、8月8日(土)19:00~20:30の予定です。
花火打上数は約6000発、昨年の来場者数は約15万人と小規模に感じますが、なにしろ廻りがだだっ広く遮るものがあまりないので、会場まで行かずに楽しめるため県内での人気も高いんでしょうね!
駅から会場までバスで20分程かかるため、川越駅周辺の屋上ビアガーデンから鑑賞するのもいいですよ。
丸広百貨店やアトレ川越にあります。近くでゆっくり見たい人は、有料観覧席を利用するといいです。
セブンイレブン等のCNプレイガイドでチケットが購入できます。

 

レンタサイクルで川越観光しながら、花火大会会場へ!

バスで行くのも、遠くで見るのも…というあなた!レンタサイクルでしょう!
「川越市自転車シェアリング」といって、町なかのサイクルポートからならどこでも貸出・返却が出来るお手軽レンタサイクルです。
1回40分以内なら200円、30分ごとに200円が加算されるシステムで、クレジットカードをサイクルポートに持ってくれば、事前手続きは不要。現金でという人は、運営事務局に行けば利用できます。
ただ、数に限りがあるので、事前に確認するといいでしょう。
川越市自転車シェアリング運営事務局
URL:https://www.city.kawagoe.saitama.jp/smph/welcome/kawagoeshinitsuite/shinainokotsu/sharing.html

 

花火について~尺玉ってどのくらい?

花火大会ランキング全国3位を誇る「こうのす花火大会」。
埼玉県内では不動の1位を爆走中!昨年開催された花火大会では、約29年ぶりに四尺玉のギネス記録に認定されました。
「世界で最も重い花火」の重量は、464.826㎏という巨大さ!この4尺玉と並び魅了されるのは、尺玉300連発で構成されるクライマックス「鳳凰乱舞」。
あまりの迫力に放心してしまうかも!そして、この花火大会は全国でも類を見ない100%手作りの花火大会なんです。
主催するのは、地元の商工会青年部。
企画・運営から開催後の掃除に至るまで、青年部員がこなすんです!地域密着ばんざいですよね。今年の日程は10月10日(土)18:00の予定です。

 

あついぜ!熊谷の花火大会も見逃せない!!

関東でも最大級で、埼玉県内では最も古い「熊谷花火大会」。
花火打上数は、こうのす花火大会の15000発に次いで県内2位の10000発。
なかでも、花火業者たちが競い合う「スターマインコンクール」は、地元ではおなじみの大イベント。
見上げるぐらい近くで、大きさや色・音の迫力を体全体で感じてほしいと花火業者さんも意気揚々ですよ。
遠くからで...という方は、熊谷駅の駅ビルアズ屋上ビアガーデンや、熊谷スポーツ文化公園の中の丘からの眺めもいいですよ。
今年の日程は8月15日か22日(土)19:00の予定です。

さあ、あの有名な花火大会はテレビでみるとして、今年は埼玉三大花火大会に行ってみよう!

タイトルとURLをコピーしました