「探す」と「捜す」の違いと意味は?日本語を使い分けよう!

ことば

日本語って難しいな~ そんなこと、ふと思いませんか?
私は特に似たような感じで違う意味の漢字が苦手です。
探すと捜すとか、特にそうですよね。
でも、本当は全然意味が違ったりします。
社会人になると、その使い分けも大事な要素になってくると思います。
「探す」と「捜す」の意味の違いを、意味も踏まえて解説していきます。

 

「探す」と「捜す」の違いって?意味に差はあるの?

「探す」と「捜す」なんとなく「探す」を使ってしまいがちですが、圧倒的な差が、この2つにはあります。
「探す」は、見つかる可能性が未知のものを探す際に使うそうです。
徳川埋蔵金なんか探検隊と言って「探」が漢字にありますよね。
それからも理にかなっていると思います。
幽霊を探すとか、そういうのもイメージに該当するようですね。
また漢字単体では、どういう意味を持つのか。
漢字単体では、奥深く探る。
とにかく探してみようといった意味合いが感じ取れますね。
探偵はそういった意味で漢字が使われているのでしょう。

では、「捜す」には、どんな意味があるんでしょうか。
「捜す」は、既知のものを探すという意味合いで使われるそうです。
確実にあると思われるものが対象になります。
よくFBI捜査官って言葉がありますね、失踪した人や物が事実としてあるということからも感じが理にかなっていますね。
では、漢字の意味には何が込められているんでしょうか。
漢字には、隅々まで捜す、見つけ出そうとするといった意味が含まれているそうです。
落とし物を捜すっていうのも、こちらがしっくりきますね。

紛らわしいので、ここまでまとめます。
「探す」は未知のものをさがす時に使う。例文は徳川埋蔵金を探す。
「捜す」は既知のものを探す時に使う。例文はデパートで迷子になった妹を捜す。

 

「探す」と「捜す」英語ではどういう風に差別化されているのか?

英語で「探す」はLook forです。
目を使って探すという感じですが、ここに面白い意味が含まれています。
~を期待する~を得ようと求める。
この2つの意味には、やはり、日本語的にも不確実性が感じ取れますね。
期待とは不確実な未来を思い描くことですから。
英語で「捜す」はsearchです。全く違いますね。
この単語の意味は、(何かを見つけようとして)捜す、徹底的に捜す、注意深く見るなど、とにかく何かを探し当てようとする動作が入ってきています。面白いですね。

ここでまとめます。
探す=look forには期待するなどの恣意性が入り込み、そこには確実性がない。
捜す=searchは見つけようとするものが確実に存在するということが意味として入っています。
そして、それの強さが一つの単語の中であらわされているのが特徴的です。

 

まとめ 探すと捜すの違いは意外と簡単だった!

探すと捜す、実はビジネス検定でも出題されるほどなんですが、その実は、対象物がもとから確実にあるか無いかという差がありましたね。
ここに気を付けて使う習慣をつければ、日本語を美しく使いこなせそうですね。

タイトルとURLをコピーしました