お中元の時期って地域によって違うの?送る時のマナーについて

スポンサーリンク

お中元って地域によって時期も違うしマナーもあるって知ってました?
自分にとっては良かれと思っていてもとても失礼な事をしてしまっている場合もあります。
手遅れになってしまう前に、一度チェックしてみてください。

 

お中元を贈る時期

お中元・お歳暮には地域によって、贈る時期が異なります。
関東では7月初旬~15日まで。
関西では7月下旬~8月15日まで。
関西ではお盆は8月に行われるため、時期がほぼ一か月ほど違います。

関西の人が、関東の人へお中元を贈る時は急いで用意しましょう。
もし、贈る時期が遅れてしまっても大丈夫です。
8/7までは「暑中お見舞い」それ以降に贈るときは「残暑見舞い」として贈りましょう。

 

お中元とは?

お中元とお歳暮の違い、分かりますか?
贈る時期で呼び方が違うんじゃないの?
私も呼び方が違うだけだと思っていました。

「お歳暮」は本来、年の瀬、歳暮の意味を持ちます。
一年の終わりに、お世話になった人への挨拶周りの際「歳暮周り」という言葉ができ、それがそのまま現代に受け継がれています。

一方お中元は、一年を二つに分け、旧暦の節目を7月15日として「中元」と呼びます。
また、仏教の習慣「盂蘭盆会」と重なり、ご先祖様へのご挨拶やお供え物をする事、お世話になった方々への挨拶をする習慣が重なり現在のお中元の習慣となりました。

贈る時期だけではなく、宗教的な物も関係していました。

 

お中元を贈る際のポイント

お中元を贈る時期の確認はできました。
次は、贈る時のポイントをご紹介します。

 

相手の好みを把握しましょう

贈る相手の好き嫌いは、なるべく確認しておきましょう。
小麦粉アレルギーの人へ、パスタを贈っても喜ばれません。

好き嫌いを把握しておくことは、相手にとっても自分にとってもプラスになります。

 

政治家ではないこと

贈る相手が、政治関係の仕事をしているか確認しましょう。
もし、政治家だとすれば、法律に違反してしまう可能性があります。

贈った相手にも迷惑をかけてしまう可能性があるので気を付けましょう。

もし、自分や相手が喪中の場合でも、贈って問題がありません。
しかし、不幸が起こってまだ時間が経っていない場合は、時期を少しずらして「残暑見舞い」として贈りましょう。

 

今後の付き合いも考える

お中元を贈るということは、一度きりの付き合いだけではなく今度も継続的な付き合いがあるという事を、考えておきましょう。

継続的な付き合いをすることで、お互いの信頼関係も築くことができますね。

もし、仕事の関係で一度きりの付き合いのなる方へのお中元には「御礼」として贈りましょう。

その他のマナーとして、お中元を受け取った際には必ず御礼の連絡をしましょう。
手渡しで渡すのが基本ではありますが、郵送された場合など御礼の電話や手紙を必ずするよう心掛けましょう。
そうする事で、今後の付き合いも繋がっていきます。

 

お中元はどんな物を贈ればいいの?

基本的には、贈る相手が好きな物、喜んでくれそうな物を贈りたいですよね。
ビジネス関係では、自社のオリジナル商品を贈るのも自社アピールとしていいかもしれませんね!

また、その他でも季節に合ったお菓子。
夏と言えば涼しげな食べ物、例えば水ようかん・葛きりなど見ただけで夏を感じられるような、お菓子も喜ばれます。
贈り先で、話題になりそうな贈り物を選ぶのもいいですね!

今回はここまで。
お中元のマナーや贈る時期についてお話しました。
お中元のマナーを守って、良い関係を築いてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました