京都祇園祭2015の日程は?交通規制は?

夏の京都のイベントと言えば「京都祇園祭」
京都の夏を彩る風物詩として古くから伝わる伝統行事です。
一度は訪れたい京都の町で行われる「京都祇園祭」についてご紹介します。

 

京都祇園祭2015年の日程

2015年度の日程をご紹介。
開催日:2015年7月1日~31日
開催場所:八坂神社ほか

*7月14日~16日の前祭の宵山・宵々山17日の前祭 神輿渡御・神輿洗は特に見物客が集中するでしょう。
普段の京都でも、観光客が多いため混雑しますが季節のイベントがある時には何倍もの観光客が集まってきます。
祭り見学の際には、怪我には十分に注意してくださいね!

 

京都祇園祭りとは

京都祇園祭は、京都市東山区にある八坂神社が催す礼祭です。
863年から「祇園御霊会」という呼び方で行われていました。
元々は、疫病を払うため、疫病により亡くなった者の怨念を払う為に行われたのが、祇園祭りの始まりでもあります。
祭り事は八坂神社側で行うものと、山鉾側で行うものがあり一般的に「祇園祭」と呼ばれているものは、山鉾側です。
そして、山鉾側が行うものを重要無形民俗文化財として登録されているのです。
毎年7月1日から約一か月間、祇園祭が行われています。
山鉾側の有名な行事は「宵山」「山鉾巡業」で八坂神社側の行事は「神輿渡御」「神輿洗」が有名だそうです。
歴史あるお祭りですから、観光客も普段にも増して多くなりそうですねー!

 

祇園祭期間の交通規制は?

2014年から「後祭」が復活し、それに伴い交通規制も変更があっているようです。
2015年度は、まだ発表があっていませんが2014年度の交通規制を参考までに。

後祭が行われる24日は、京都府警が四条通や御池通など京都市中心街の交通規制を行っています。

車両通行止めは、四条通から烏丸通。(AM9:45~PM0:35)
烏丸通から木屋町通り(AM9:50~PM0:35)
他、京都府警のホームページに掲載されているので随時確認が必要です。

一方、前祭の交通規制は10日から始まる祇園祭より、交通規制を実施。
前祭では歩行者天国を15日(宵々山)と16日(宵山)に設けていました。
また、車両通行止めのほかに、一方通行区間も指定されているので、京都府警のホームページの確認は必ず行いましょう!

 

祇園祭の見どころ

*迫力のある「辻回し祇園祭の見どころ」
山鉾巡業で行われる「辻回し」。
巡業の各交差点で、山鉾の車輪の下に濡れた竹を敷き詰めて90度回転させる、辻回しは見どころです。
辻回しを鑑賞するには、有料ですが観覧席もありますので気になる方は、チェックしてみてください。

*宵山・宵々山
夜に行われる宵山・宵々山。
きめ細やかで繊細な飾り付けをした山鉾も夜にはライトアップされ、日中とは違う美しさを見せてくれます。
お囃子の音色を聴きながら、山鉾を見て回るのも楽しみ方のひとつですね。

京都祇園祭についてご紹介させていただきました。
日程や交通規制については、見学する前に必ず確認する事をおすすめします。

夏ですので、浴衣を着て祭り見学なんていいですよね。
京都の夏、満喫してみてください!

タイトルとURLをコピーしました