熊谷うちわ祭り2015の日程は?駐車場や交通規制について

スポンサーリンク

日本の夏と言えば、祭りですね!
7月に入ると、各地で様々な特色ある祭りが目白押し。
2015年は「あついぜ!熊谷!」でおなじみの~熊谷うちわ祭り~を取り上げてみました。
熊谷の熱い祭りを、ご堪能ください。

 

熊谷うちわ祭りを知って、もっと楽しもう!

熊谷うちわ祭りは、平成24年3月30日熊谷市教育委員会により、熊谷市指定無形民俗文化財に指定された、述べ70万人の集客を誇る関東一の祇園祭です。
祭り自体は7月19日~23日までの5日間行われますが、観光客が楽しめるのは、7月20日~22日の3日間で、露店の出店は7月21・22日の2日間です。
12台の山車・屋台が熊谷囃子にのり、八坂神社・市街地・熊谷駅を巡行。大鉦を打ち鳴らす「さんてこ囃子」のリズムが熊谷市内を祭り一色に彩ります。

なぜ「うちわ祭り」というのか…
赤い色が厄除けになると、赤飯を炊いて親戚や得意客などに振る舞っていたことから「熊谷の赤飯振る舞い」が祭りの名物になり、ある年、泉屋横町にあった料亭が生活必需品だった渋団扇を配ったことから、赤飯の代わりにうちわを配るようになり、「うちわ祭り」と呼ばれるようになりました。
さあ、勉強はここまで。早速「熊谷うちわ祭り2015」に出掛けてみましょう。

 

熊谷うちわ祭りといえば、交通規制と駐車場問題

これだけの祭りですから、遠方からの観光客も多いですよね。
「行ってみたいけど、車で行けるかな…」「祭りの日、熊谷に行きたいけど道路は…」など。
車社会の現代、祭りを楽しみたい人・祭りよりも仕事の人、双方で問題になるのが、車事情。
メイン道路でもある17号線が一部区間歩行者天国になるため、安易に駐車場に停めると祭りが終わるまで出られなくなったりします。熊谷駅周辺も危険ですね…
では、祭り開催中の交通規制を簡単に紹介しておきましょう。

7月20日 18:30~20:00 JR熊谷駅東口・北口周辺
7月21日 13:00~21:00 国道17号・お祭り広場周辺
7月22日 13:00~22:00 市街地・お祭り広場周辺
18:00~21:00 国道17号

そして、大事な無料駐車場のお知らせです。
熊谷市役所 8:30~23:00(7/22のみ17:15~23:00)
熊谷会館 8:30~22:00
八木橋デパート 19:00~23:00
イオン 19:00~23:00

※他にも「熊谷スポーツ文化公園」無料臨時駐車場と「お祭り会場」を15~20分間隔でつなぐ無料送迎バスも運行します。
※祭り開催時期が近くなると、駐車場案内や交通規制、臨時運行バスなどの情報がWebで確認出来るので、活用してみましょう。
熊谷うちわ祭 公式ホームページ  http://uchiwamatsuri.com/

 

熊谷うちわ祭りの日程とポイントをチェック!

ここで、祭り開催中の日程を簡単にお知らせしましょう。

7月19日
遷霊祭 9:00~ 八坂神社(本宮)

7月20日
渡御発輿祭 6:00~ 八坂神社(本宮)
途上奉幣祭 7:00~ 八坂神社→市街地
渡御着輿祭 10:30~ 行宮(お仮屋)
初叩き合い 19:00~ 熊谷駅北口・東口

7月21日
巡行祭 13:00~ 八木橋デパート前

7月22日
行宮祭 9:00~ 行宮(お仮屋)
曳き合せ叩き合い 20:00~ 行宮(お仮屋)
年番送り 21:00~ 行宮(お仮屋)
還御発輿祭 23:30~ 行宮(お仮屋)

7月23日
還御着輿祭 13:30~ 八坂神社(本宮)

※神輿・山車・屋台が見れる時間と場所です。
行宮(お仮屋)はお祭り広場です。

簡単ですが、時間と場所が分かれば一足先に絶好のポイントから山車などを見られるので、参考にしてみてはいかがですか。
それでは、メイン会場のお祭り広場付近の八坂神社で、お参りをしてうちわを貰い、歴史ある関東一の「熊谷うちわ祭り」を堪能しましょう。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました