「コワイ」の漢字「怖い」と「恐い」二つの表現の違いとは?

ことば
スポンサーリンク

文章を書いていて「ここは『恐い』『怖い』どっちを書くんだろう?」と迷ったことはありませんか?

この二つの漢字表現に違いはあるのでしょうか?

今まで迷いながらなんとなく使っていた人はここで明確にしておきませんか?

『怖い』と『恐い』にはこんな違いがあった!

まず、二つの漢字を辞書で調べてみましょう。

結果は、『怖い・恐い』と両方表記され、同じ意味が書かれているんです。

 ・危害を加えられそうで逃げ出したい感じ

 ・自分に危険なことが起こりそうで身がすくむ思い

 ・悪い結果が良そうされて不安

つまり、二つの漢字は同じ意味を持っていたのです。

違いといえば、『恐い』のほうは常用漢字ではないということです。

ですので、新聞など公的な書物では『怖い』が多く使われており、『恐い』が使われることはあまりないと言われています。

『怖い』と『恐い』を使い分けるなら?

前の項目で触れたように、『恐い』のほうは客観的な恐怖、それとは対照的に『怖い』というのは自分自身にふりかかる恐怖、つまりは主観的な恐怖を表わすものといえます。

ですので、使い分けをするのであれば、『客観的』か『主観的』かということになるでしょう。

使い分けの例文

<自分自身に恐怖が降りかかりそうな主観的な恐怖=怖い>

 ・この怪談話は非常に怖かった

 ・突然野犬が現れて非常に怖い思いをした

<自分自身に恐怖が降りかからない客観的な恐怖=恐い>

 ・昔起こった恐い事件の記事を読む

 ・火事の恐さを再確認させられたニュース

日本語では厳密には常用後で一つ、常用漢字でない『恐い』も入れると2つの表現がありますが、英語にもニュアンスによっていくつかコワイの表現があります。

 ・afraid 臆病になっている様子

 ・scared 怯えが強い様子

 ・horrified ゾッとする恐怖

これらを例文にしてみると

 ・I’m afraid of dogs.

私は犬が怖いです

 ・I’m scared of telling her what really happened.

本当は何が起こったのか彼女に話すのが怖い

 ・I am horrified by haunted house.

私はお化け屋敷が本当に怖かった 

こうやって見てみると、英語での表現のほうが幅広い感じがしますね。

まとめ

日本語表現の『コワイ』についても二つの漢字の違いはおわかりいただけたでしょうか?

意味が同じなので、考えに考えて無理して使い分ける必要はありません。

迷った場合は常用漢字である『怖い』を使えばいいかと思います。

ですが、ニュアンスによって使い分けができれば、ちょっと知的に見られるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました