滝藤賢一が水筒のCMで熱く語っている訳とは?相手はあの娘だった!

テレビ
スポンサーリンク

滝藤賢一さんが水筒のCMに出演していました。
滝藤賢一さんは小説家のおじさん役でした。
突然「シンプル」について語り始めた。
何がシンプルになったのでしょうか?
そして「シンプル」に熱く語った相手とか?

滝藤賢一が象印の水筒のCMで熱く語っているのはなぜ?

滝藤賢一さんが象印の水筒のCMで語っていたのは、「シンプル」について。
今ままでの魔法瓶の「せん」と「パッキン」の部分が、一体型になったとか。
ちゃんと洗えるよう、今までの象印の水筒はしっかり洗えるように、複雑に分解できるようになっていました。
しかし分解してから洗って、また組み立ててという作業が面倒であった。
それを分解せずに洗える「シンプル」な水筒って事で、滝藤賢一さん演じるおじさんが熱血に解説するストーリー。

最終的にはおじさんの話はくどいので「シンプル」にしたほうがいいと、突っ込まれる。
オチもしっかりしながら、水筒の機能を紹介しているCMのなんだかほっこりしました。

 

滝藤賢一さんが水筒のCMで説明を聞いている彼女は誰?

小説家のおじさん役の滝藤賢一さんが熱く語っていた相手は、象印三姉妹の設定で、三女の役の箭内夢菜(やないゆめな)さんでした。
箭内夢菜さんは、福島県出身のモデルさんです。
最近では「イッテQ」の新しい出川ガールとしてテレビに出ていました。
体をはったロケを見て、根性のある人だなって思っていました。
今後の活躍が期待できます。

 

【関連記事】

滝藤賢一がケイウノ(K.uno)って何?ポイントは妻のための指輪

滝藤賢一さんが踊る大捜査線の映画に出演していた?まさかあの人だったとは?

【おすすめ記事】

滝藤賢一さんの出演作が無料で視聴できる方法はこちら

滝藤賢一さんの出演ドラマや映画が無料で視聴できる方法

タイトルとURLをコピーしました