彼氏とお泊まりデートするとき親への言い訳のコツ!5つの方法!

生活
スポンサーリンク

あなたは、はじめて彼氏とお泊まりデートしたいけど親にはなんていったらいいか悩んでいませんか?
初めてのことでデートはウキウキ、けど親になんていえばいいかドキドキな感じですよね。
ここでは彼氏とのお泊まりをするとき、上手に親に言い訳する方法を紹介します。

 

彼氏とのお泊まりデート!よく使われている親への言い訳とは?

ウソをつくのは悪いこととはわかってはいても、彼氏とのデートは実現させたい!そう思っている実家暮らしの女性達は、いったいどのような言い訳を親にしているのでしょうか?

学生ならば勉強も理由にできる!

勉強を理由に出来るのは学生の特権ですよね。
「みんなで集まって課題をやることになった」「ゼミの課題を集中して仕上げることになった」等、きちんと集まってやるであろう課題内容をきっちり考えた上で親に話をしましょう。
その際は、外出する際は派手な格好は控え、勉強道具も忘れず持って行くようにしたほうがいいでしょう。

親も知っている友達に協力してもらう

仲の良しで親も知ってる友達に協力をしてもらうのも一つの方法ですね。
親も、よく耳にする名前が出てくれば安心して送り出してくれるのではないでしょうか。
ただし、親同士も連絡が取れる状況にあるような友達は、万が一連絡をされるとバレる可能性があるので、親同士のつながりのない友達のほうがいいかもしれません。

誕生会や送別会があることにする

仲良しのみんなが集まりやすい、誕生会や送別会というのも、よく親への言い訳に使われているようです。
「みんな集まるのに自分だけ行けないのは…」と残念さをアピールしてみましょう。
ただし、親同士のつながりがあるかどうかの事前確認は必要です。
外からバレでしまわないよう注意してくださいね。

 

事前連絡無しで当日報告するパターンも

これは学生よりも社会人が使いやすい言い訳かもしれません。
ウソはやはり気が引けるかもしれませんが、たまには使ってみるのもいいかもしれませんね。

残業を言い訳にする

「急な残業になってしまって遅くなりそうだから今日はもうビジネスホテルに泊まる」と仕事を言い訳にする方法もあるでしょう。
職場が遠い方であれば、帰れそうな時間帯に連絡してもいいかもしれませんが、終電でも帰って来るように言われそうな環境であれば、遅い時間帯に親に連絡をするようにしましょう。
すでに彼氏と合流している時に電話をすることになった場合は、後ろに聞こえる雑音がBGMだったり、大勢の話し声だとバレるかもしれませんので、会社にいるような静けさの場所を選ぶことを忘れないでくださいね。

終電がなくなったことにする

「急な飲み会に誘われた」「残業に集中していたら終電がなくなっていた」等、急なことで仕方なく帰れなくなったという言い訳をしている方もいるようです。
飲み会の流れでオールナイトになったという言い訳は、週末なら使いやすいかもしれませんね。

 

正直に言うのが一番平和

ウソはバレる可能性がゼロではないので、出来ることなら正直に言いたいですよね。
その場合は、彼氏が出来た時からマメに親に彼氏のことを話しておくことが大切です。
「今日彼氏がこんなことを言ってた」「彼がこんなことをした」等、彼氏は安心できる人というアピールをしておくことをオススメします。
その他、父親でも母親でも、自分がやることを理解してくれる方の親に強力を求めるという方法もあるでしょう。
家庭での力関係が上の親ならより効果があるかもしれませんね。

 

ウソをつく場合はしっかりと計画を立てましょう

「高校生の頃から許してくれた」「社会人でも許してくれなかった」など、正直に言って許してもらえた年代は、その家庭によってまちまちのようです。
許してもらえない場合はウソをつくことになりますが、一度バレると本当に友達に会う場合にも外出しにくくなる可能性があります。
また、仕事を言い訳にしようと思う方は、「なんという会社だ!抗議する!」と行動を起こされないよう、頻繁に使わないようにしたほうがいいかもしれませんね。
いずれにしても、先々平和に過ごしていく為にも、その場しのぎの行動は慎むようにしましょう。

2回目のデートで手をつなぐ?成功するタイミングとは!

タイトルとURLをコピーしました