時期尚早の意味は?そういえば嵐がラップで歌っていたな~

ことば

あなたは時期尚早の意味をちゃんと理解していますか?
嵐が歌っていましたね。
ラップって韻を踏んだりするから、いろんな言葉に聞こえたりしますよね。
ちゃんと意味を理解しましょう。

 

時期尚早?時期早々?意味は?

「時期尚早」とは、時期が早すぎること。
まだその時期になっていないことを意味します。
例えば若年の社員を昇進させようとしたとき、年齢が若すぎるからまだ昇進は早いだろう→まだその時期には早すぎるといった場合に使いますね。

 

では「時期早々」は?
実は辞書で「時期早々」と調べると、時期尚早の誤りと書かれています。
ただ「早々」を調べてみると、その状態になってすぐのことを意味しています。
なので「時期早々」は、時期が来てすぐと解釈するようです。

 

「時期尚早」嵐がラップで歌ってたよね?

ジャニーズの嵐は、デビュー曲で「時期尚早~」って歌ってるって噂知っていますか?
ネットで検索してみると結構な結果が期待できますね!
ファンの方はもちろん、デビュー曲をご存知の方は解ってると思いますが、「take it so so~」って歌ってるんですよね。
意味は「やっちゃいなよ!」「やってみなよ!」的な感じだそうですよ。
デビューが早すぎたってこと?と思ったあなた、全然違いましたね!
話題作りの天才、Johnneyさんの狙いだったんですかね?

 

嵐のメンバーも気にしてるんだね!

デビュー秘話を大野君が話していて、レコーディングの時に「ティキソーソー」と歌ってくれと言われたけど、歌詞には「大野ソロ」と書かれていて実際には歌詞が無く、新曲のレコーディングの手伝いと思っていた大野君は戸惑ったらしいです。
タイトルも当初は「夢はso so」だったらしく、デビュー曲候補のもう1曲と合わせた形が「A・RA・SHI」になったそうです。
実際に歌っている桜井君も「予想では“take it”だと思う…」といってたらしい。
本当は誰も分からないのかもしれませんね!

 

翔くんのラップ~サクラップ~?

嵐のラップ担当、桜井翔くん。
なぜラップ担当になったのか?
「ラップとメロディーどっちがいい?」と聞かれ、「ラップ!」と答えたことからラップを始めることになったらしく、後の「サクラップ」確立したそうです。
なんかどこかのメーカーのラップみたいですね!

私的に翔くんは落ち着いたイメージ(ニュースキャスターとかしてるからか?)があるので、相葉くん辺りのほうが合いそうな気がしちゃうんですけど…。
近はあまり「サクラップ」にお会いすることがありませんね!

 

タイトルとURLをコピーしました