「頂く」と「戴く」の違い、使い分けについて

ことば
スポンサーリンク

「いただく」と変換すると「頂く」「戴く」の二種類出てきます。

この二つの使い分け、違いが分かって使っていますか?

頂く・戴くの違い 

「いただく」の違いが一体なんでしょうか。

「頂く」と使う場合、「戴く」と使うこともあるし。

さらにはひらがなで「いただく」と使う人もいる・・・。

皆さんはっきりとわからないまま、使用している人が多いようです。

では、「頂く・戴く」の使い方詳しく見ていきましょう。

頂くの使い方

「頂く」という漢字から調べてみます。

「頂」という漢字は、頂点・絶頂・山頂と、何かのてっぺん、トップの意味を持っています。

「頂く」というのは、「大事にする・敬い扱う」という意味で使われます。

具体的な使い方として相手を立てた丁寧な言い回し方「謙譲語」として使う。

《 例文 》

「もらう」の謙譲語

・労いの言葉を頂く

・時間を頂く

「食べる・飲む」の謙譲語

・食べ物をたくさん頂く

・おすすめの飲み物を頂く

※頂くは行為に対して使う言葉です。

戴くの意味と使い方

次に「戴く」の意味と使い方を見ていきます。

「戴」には

・面を持ち上げてかぶせる

・頭に物をのせる

という意味があります。

《 例文 》

・頭に冠を戴く

・本を戴く

※戴くは物に対して使われる言葉

また、ひらがなで「いただく」と書く場合もあります。

「頂く」「戴く」の両方が使えない時に、ひらがなを使うことがあります。

文部省で決まった使い方として補助動詞の「いただく」はひらがなを使うという決まりになっています。

例えば・・・

・会場にお越しいただたく→名詞(会場に)+動詞(お越し)+補助動詞(いただく)

など、こういったように使います。

つまり動詞にくっついている「いただく」は、ひらがなを使わなければならないのです。

困ったときは「頂戴する」を使いましょう!

間違った使い方

「くださる」「いただく」が混ざってしまい、間違えた使い方をしている方が多いようです。

「本日はご来場いただきまして、誠にありがとうございます」

ふむ。よく聞く言葉ですよね。

あっているように思えるかと思いますが実は、間違っています。

「本日はご来場くださいまして、誠にありがとうございます」が、正解です。

「ご来場いただく」のではなく、「ご来場くださる」のです。

非常に難しいですね。

普段使う「いただく」という言葉。

仕事でも、プライベートでも、敬語を使う場面ではかならず使います。

しかし使い方を誤解している方も多く、相手に「???」と思わせる場合もあります。

日頃から、敬語の使い方を理解しておく必要がありますね。

私自身、敬語をうまく使えているかと問われるとはっきり言ってNO!です。

きちんとした日本語も使えていないと思います。

言葉の意味と使い方、きちんと使えればとてもスマートな印象を持つことができますね!

ぜひ、敬語を使う時気にかけながら、話してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました