初めての取引先での挨拶の仕方は?

生活
スポンサーリンク

は初めての取引先との仕事。

緊張するし、出来れば第一印象は好印象でいたい。

相手に好印象を与えるためには、どうすればいいのでしょうか。

初めての取引先との挨拶の仕方、好印象の与え方をご紹介します。

挨拶をする前の準備

さて、いよいよ取引先の担当者との商談の日。

気合は十分あるし、今日がうまくいけば仕事もスムーズに進むはず・・・

その前に、鏡で全身をチェックしてみましょう。

スーツにシワ、シャツが黄ばんでいませんか?

ぼさぼさの髪の毛ではありませんか?

ビジネスにおいて、第一印象はとても大事だと、どの雑誌を見ても記載されています。

実力も大事ですが、身だしなみもとても大事なんですよ!

商談の前日までに、シャツ・スーツはクリーニングに。

髪型は商談の時間の前に、必ず整えます。

もっと言えば、口臭などにも気を使ってください。

また、持ち物にも気を配ってみるのもいいでしょう。

印象に残る商談

名刺交換もし、さっそく商談に入りたいところですが世間話をしながら、取引先とのコミュニケーションを図っていきましょう。

何気ない話をしながら、相手の緊張を軽くしていくことも商談を進めていくうえでも、必要な事だと思います。

話していくうちに、自分の緊張もほぐれていきますしね。

取引先とのコミュニケーションがうまくいけば取引先にとって印象に残る商談になり今後の付き合いも増えていくでしょう。

商談中は聞き役に

取引先との良い関係を作るにはお互いに「信頼関係」を築いていくことです。

信頼関係を築くには、取引先に「この人になら任せられる」と思わせる事が必要。

では、どうすれば信頼してもらえるのでしょうか・・・。

仕事に限らず、例えば友人と話していて自分の事ばかり話して、相手の話をまったく聞かない場合「自分も話したいことがあるのに!なんだよ!」と、不快になってしまいますよね。

話す気もなくなってしまいます。

逆に、自分の話に相槌を打ちながら聞いてくれると話していて、気持ちがいいですよね。

もっと話そう、そして相手の意見も聞いてみよう。

と感じる人が多いとおもいます。

これが「傾聴」です。

相手の話に寄り添い、相手の気持ちを知る。

傾聴はビジネスで重要な役割を果たしてくれます。

相手の気持ちを理解し、そのうえで、質問の内容を考えることで質問の質がグッと上がります。

「お、なかなか良い質問をしてくるな」と相手に印象付ける事ができます。

商談内容に意欲的だと、取引先も好印象になるでしょう。

初めての取引先との挨拶は、とても重要な事。

その大事な日に、自分の印象をいかに良く与えるか自分主体で考えるのではなく、相手主体で考えてみましょう。

身だしなみ・コミュニケーション能力・傾聴

誰にでもできることですが、実力ばかりに目を向けていると見落としてしまいがちです。

相手は自分を移す鏡。

良い印象で、仕事もスムーズに頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました