土用の丑の日の意味は?うなぎを食べる由来は?

スポンサーリンク

夏になると地元のチラシの一面に当たり前のように飾られる言葉「土用の丑の日」。
うなぎを買えと言わんばかりに並んでいますよね。
じゃあ、「土用の丑の日」ってそもそもどういう意味でしょう?
そして、なんでうなぎを食べるんでしょうか?
気になってので調べてみました。

 

「土用」って夏だけじゃないらしい!

昔、世の中は「木火土金水」の5つの組み合わせで成り立つという五行説により、季節も割り振りたいと考えた人がいました。
しかし、「四季」は4つで、春→木、夏→火、秋→金、水→冬…
「土」が余ってしまった…するとこの人、「土は全ての季節に存在する!」とこじつけた。
それから、季節の最後の18~19日を「土用」としました。
季節の間に「土用」を置くことで、過ぎ行く季節と訪れる季節の性質を静かに交代させる働きをするそうです。
土用の間は、土の神様が支配しているため、土を掘り起こしてはいけないとされています。

 

ここに画像「土用」って夏だけじゃないらしい!

昔、世の中は「木火土金水」の5つの組み合わせで成り立つという五行説により、季節も割り振りたいと考えた人がいました。
しかし、「四季」は4つで、春→木、夏→火、秋→金、水→冬…
「土」が余ってしまった…するとこの人、「土は全ての季節に存在する!」とこじつけた。
それから、季節の最後の18~19日を「土用」としました。
季節の間に「土用」を置くことで、過ぎ行く季節と訪れる季節の性質を静かに交代させる働きをするそうです。
土用の間は、土の神様が支配しているため、土を掘り起こしてはいけないとされています。

 

「丑の日」の丑は十二支の「丑」 今年の丑の日は?

「丑の日」の丑は、見ての通り十二支の「丑」です。
そして、土用の間で丑の日にあたるのが、「土用の丑の日」と言う訳ですね。
土用の丑の日に「うなぎ」を食べるのは、有名ですが、他の日はどうなんでしょう?
子の日、寅の日、卯の日…とそれぞれあります。
京都の風習では、今でも「何の日に何を食べる」と律儀に守られているところがあるそうです。
それでは、今年の丑の日はいつか?今年は、7月24日と8月5日の2日あります。
うなぎを食べて夏バテしないように暑い夏を乗り切りましょう!

 

平賀源内は現代のPOPライターか?

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣のきっかけは、江戸の大天才「平賀源内」の仕業だと言われています。
夏にうなぎが売れないと近所のうなぎ屋に相談され、「本日、土用の丑の日!」と店頭に張り紙を張ったところ、なんだなんだと江戸の市民はうなぎ屋に集まり大繁盛したとのこと。
本来うなぎの旬は冬なので、わざわざ旬でもないうなぎを夏に食べることもなく、あまり売れなかったんです。
牛の「丑」ですから、牛を食べればいいのにと思いませんか?
そこは肉食がはばかれた時代、価値の高い牛をむやみに食べることは出来ず、代わりにうなぎを食べることになったんでしょうね。
「丑」の「う」と「うなぎ」の「う」をかけたんでしょうか…

 

土用の丑の日にうなぎを食べるのは当たり前?

夏の土用の時期は、暑さが厳しく夏バテしやすい為、「精の付くものを食べなさい」と言われます。
土用蜆(シジミ)、土用餅、土用卵などの言葉もありますが、うなぎは精の付く食べ物として昔から有名でした。
確かにうなぎの栄養素にはビタミンAが豊富で、がん細胞の分裂を抑えたり、喉や鼻の粘膜を健康に保つ働きがあり、夏風邪防止に最高の食べ物なんです。
ちなみに、丑の日には「う」の付く食べ物を食べると病気にならないとの迷信があり、うなぎの他にうどん・瓜・梅干し・ウサギなどを食べたりもします。
「うなぎと梅干は食べ合わせが悪い」などの迷信を聞いたことありませんか?
実はこれ、科学的に根拠の無い迷信なので、ご安心を!

 

うなぎについて調べてみた!

現在、日本全国のうなぎの中で、天然鰻の割合はわずか0.3%未満で、養殖鰻のほとんどが雄なんです!
つまり、食べられるために生まれてきたクローンなんですね。

関東と関西でうなぎの裁き方が違うのはご存知ですか?
関東は背開きで、一度白焼きにし、蒸して再度焼きます。
背開きにするのは、「切腹」のイメージがあるのでダメ。
他の魚はいいのかって話ですけど…関西は腹開きで、蒸さずに焼きます。
腹開きにするのは、背のほうに身が多くあって、一度に多くの串がさせるから。
さすが商人の町ですね。
うなぎの刺身って見たことあります?
実はうなぎには毒があり、生で食べると呼吸困難や吐き気の症状が出るんです。
でも、完全に血を抜いて、酢でしめれば刺身でも食べられるので、刺身にして食べている地域もあります。

と言う訳で、これから厳しい暑い夏がやってきます!
うなぎを食べて夏を乗り切りましょう!

タイトルとURLをコピーしました