林修の今でしょ講座 ガセリ菌SP株が入ったアボカドヨーグルトシェイクの作り方

テレビ

3月9日放送の林修の今でしょ!講座ですごいヨーグルトの回がありました。
内臓脂肪を減らすのを助けてくれる効果があるヨーグルトが、雪印メグミルク 恵megumiガセリ菌SP株イーグルトです。
ここではさらに効果的に内臓脂肪を減らすのを助けが期待できるアボカドヨーグルトシェイクの作り方を紹介します。

 

ガセリ菌SP株が入ったアボカドヨーグルトシェイクの作り方

材料

・雪印メグミルク 恵megumiガセリ菌SP株イーグルト 1個(100グラム)
・アボカド 半分

作り方

1.皮をむいたアボカドを袋に入れる
2.手でつぶす
3.恵megumiガセリ菌SP株イーグルトを1個入れる
4.さらに手でもんでなじませる

 

ガセリ菌SP株とは?どうやって内臓脂肪を減らすの?

乳酸菌のうちの一つですで、雪印メグミルクが見つけた菌です。
ですのでガセリ菌SP株が入ったヨーグルトは恵megumiガセリ菌SP株イーグルトしかありません。

ガセリ菌SP株は内臓脂肪を減らすことを助けてくれる効果があります。
1日1個12週間 恵megumiガセリ菌SP株イーグルトを摂取したら、52人の平均が内臓脂肪約を約5%減少することがわかったそうです。

なぜガセリ菌SP株をとると内臓脂肪が減るのを助けるのか?

食事でとった内臓脂肪の素のは脂です。
食べた脂は消化液で細かく分解され小さくなります。
分解され小さくなった脂は小腸で吸収されるます。
脂は量が多くなりすぎると内臓脂肪として蓄積されます。

しかし食事と一緒にガゼリ菌SP株をとると消化液の働きが弱まり、脂が分解されにくくなります。
分解されない脂はそのまま便として排出します。

ガセリ菌SP株は脂の分解・吸収を抑え、内臓脂肪を減らすの働きがあることがわかりました。

 

まとめ

今回のカドヨーグルトシェイクですが、アボカドは食物繊維が豊富で余分な糖や脂の吸収を抑える効果が期待できます。
またアボカドはビタミンB2が豊富で脂質の代謝をサポートしてくれます。

ガセリ菌SP株は内臓脂肪を減らすのを助けてくれる効果があります。

ガセリ菌SP株は雪印メグミルクが見つけました。
ガセリ菌SP株が入っているのは、恵megumiガセリ菌SP株イーグルトだけです。

3か月摂取続けると、約5%内臓脂肪が減らすことが期待できます。

内臓脂肪で困っている人は、この機会に試してみませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました