赤ちゃんに麦茶はいつから飲ませて大丈夫なの?

生活

暑い季節になりました。
大人でさえ喉の渇きが頻繁にある時期。
赤ちゃんの水分補給は一体どうしたらいいのでしょう。
今回は、「麦茶」はいつから飲ませていいのかを調べてみました!

 

赤ちゃんに麦茶を飲ませてもいい時期は?

麦茶にはカフェインが入っていないので赤ちゃんに与えても問題はありません。
飲ませる時期ですが離乳食と始める時期と同じぐらいがベスト。
6か月までは、母乳やミルクを与える期間なのです。
ミルク以外の味に慣れさせるためにも少量ずつ与えてきましょう。
また、私たち大人が飲む麦茶は味は濃かったり、苦みがあったりするので、薄めてからあげましょう。
苦いからと言って、砂糖を入れるのは避けましょう。
赤ちゃんにとって、糖分は分解しずらいのです。

 

赤ちゃん用麦茶の違い

麦茶にはカフェインが入っていないので赤ちゃんに与えても問題はありません。
飲ませる時期ですが離乳食と始める時期と同じぐらいがベスト。
6か月までは、母乳やミルクを与える期間なのです。
ミルク以外の味に慣れさせるためにも少量ずつ与えてきましょう。
また、私たち大人が飲む麦茶は味は濃かったり、苦みがあったりするので、薄めてからあげましょう。
苦いからと言って、砂糖を入れるのは避けましょう。
赤ちゃんにとって、糖分は分解しずらいのです。
私たちが普段飲む麦茶と、赤ちゃん用の麦茶の違いがなんでしょうか。
簡単に説明すると普通の麦茶を薄めたものが、赤ちゃん用麦茶です!
ですので、市販の赤ちゃん用麦茶を利用せずとも普通の麦茶を薄めて飲ませれば問題ありません。
夏場は、大人も麦茶をたくさん飲むため家庭では普通の麦茶を沸かしておき、赤ちゃん用に薄めた麦茶を作っておけば市販の物を買わなくとも、節約できますね!

 

家庭で作る赤ちゃん用麦茶

普段家庭で麦茶を沸かす際に、使用する麦茶パック。
これを煮出して、沸騰させて作りましょう。
沸騰させることで滅菌効果があり、水出しの麦茶をあげるよりの、衛生的で安心できます。
薄める目安として、市販のベビー麦茶と同じくらいの色を参考にしてみてください。
与えるときは、充分に湯冷まししましょう!
冷蔵庫の中で保管する場合でも、作った翌日には使い切るように注意してください。

 

麦茶を飲ませるコツ

ここで、赤ちゃんに麦茶を飲ませるコツをご紹介。
今まで母乳を飲んでいた赤ちゃんには、スプーンを使ってみてください。
哺乳瓶を使ってみてもいいですが、飲みにくい場合にはスプーンがおすすめです。
苦みがあり、嫌そうな顔をするかもしれませんが根気よく与えてみてください。
そのうち飲めるようになります。
外出時には、マグに入れて持ち運べます。
長時間持ち歩く際は、雑菌の繁殖が心配ですので残っていても、新しいものと取り換えたほうがいいかもしれませんね。
でも、あまり神経質になる必要はありません。

 

まとめ

暑い季節、特に子供には水分補給をたくさん促して行きましょう。
大人は、喉が渇けばすぐに飲むことができます。
子どもは、その判断が簡単にはできません。
特に、脱水には要注意です。
赤ちゃんは、特に離乳食を始めたころは色んな味を覚えようとします。
甘い味の物になれると、麦茶のような苦みのある物を口に入れなくなってしまうので要注意。
甘いもの、苦いものと交互に与えて徐々に慣れさせましょう!
暑さ対策として、麦茶を上手に取り入れ熱中症などには充分に気をつけてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました