爪がざらざらするのは何が原因?病気の可能性はあるの?

爪の表面がざらざらして何かの病気ではないかと不安を抱えたことありませんか?

原因に心当たりがないのに、いつの間にか表面が凸凹になったり、縦線や横線が入ってざらざらしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、爪の表面に出る症状から考えられる原因についてまとめてみました。

スポンサーリンク

気付いたら爪がざらざら…原因は何?

爪に出る症状は色々なタイプがあるかと思います。

そこで、それぞれのタイプ別に症状や原因を解説したいと思います。

388b93bb3e75c7f712a71bc1517590a9_s

 

【縦線が入る】

爪に縦方向にいくつもスジが入りざらざらしている方。この症状は加齢とともに多く見られる症状だといわれています。

その他、体内の水分不足、乾燥、ストレスや睡眠不足で極度の疲労状態にある時にも爪の縦線は出やすいそうです。

また、爪の根元に衝撃を与えたりして、爪母を傷つけてしまった場合には、黒い色をした筋が現れることがあるとされています。

 

 

【横線が入る】

爪に横線が入ってざらざらしている場合の多くは体の健康状態によるものだとされています。

爪は、爪の付け根に近い部分皮膚の下にある『爪母』というところで作られ、それが徐々に伸びてきます。横に線が入った爪は、この爪母で作られる際に栄養が不足している為であることが多いようです。

爪を作る時に高熱を出したことがあったり、カルシウム等の栄養不足、糖尿病の場合によくみられる症状です。

その他、甘皮の処理をする際に傷をつけたり、足の爪の場合はキツイ靴を履いたりすることにより、爪母を傷つけた場合にも起こるといわれています。

 

 

【爪が凸凹・すぐに割れる】

これらの症状は、主に乾燥していることが原因であるといわれています。

爪の乾燥は加齢による水分不足の他、油分の不足やストレスが原因になることもあります。

その他、栄養不足が原因になっていることがあります。

スポンサーリンク

爪のざらざらはどのよ
うに対処すればいい?

前の項目でご紹介したように、原因によって症状の現れ方はさまざまです。

そこで、症状別に対処方法をご紹介していきたいと思います。

 

【縦線が目立つ爪】

多くの場合は『加齢』や『乾燥』によるものなので、爪の表面を磨くタイプのやすりで軽く磨けば目立たなくなる場合もあります。

衝撃を与えてしまった際にできた筋の場合は、一時的なものなので自然治癒で消えてしまうので心配はいりません。

その他、年齢を重ねていくと体内の水分も不足しがちです。

歳をとると肌が乾燥してくるといいますよね?乾燥するのは爪も同じです。

手にハンドクリームを塗る際に爪にも塗り込むようにしたり、爪の美容液やオイルでマッサージをすることも効果的だといわれています。

 

 

【横線が目立つ爪】

甘皮の処理を自分で行っている方は、処理をする際に爪の根元に衝撃を与えすぎないよう注意してみてください。

足の爪に横線が入ってざらざらしているという方。キツイ靴を無理して履いてはいませんか?

心当たりのある方は足の先を締め付けない靴を履くようにしてみてください。

そうすれば徐々に解消されるはずです。

食事のバランスの悪さに心当たりのある方。

爪に必要な栄養素は、爪の主成分となっているタンパク質と、ビタミンA、B、Dだといわれていますので、食事が偏りがちだという方はサプリメントを併用するなどしてバランスよく栄養分を取り入れるようにすることをおすすめします。

 

 

【爪の凸凹・割れやすい爪】

爪の表面を磨くことは、少しであれば問題ありませんが、ひどい凸凹でそれが目立たなくまるまで削ってしまうと爪が薄くなる為やりすぎには注意しましょう。

この症状に一番おすすめの処置は、爪に潤いを与えること。爪専用のオイルを塗ってマッサージしたり、ハンドクリームを爪にまでしっかり塗るというのもおすすめです。

その他、健康的な爪を作る為、タンパク質やビタミンをしっかりと摂るようにすることも改善方法の一つといえるでしょう。

 

 

 

健康状態を把握して綺麗な爪を手にいれよう

デコボコざらざらしているからといっても、その症状の現れ方で原因は異なってきます。

原因をしっかりと把握して、正しい対処をし、人の目に触れやすい手をぜひ綺麗に保っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

花粉症の症状で頭痛?たったこれだけで頭痛が治る!!

辛い花粉症ですが、鼻水やクシャミ、目の痒みだけではなく人によっては頭痛まで引き起こす症状がでる人もい

記事を読む

ほくろとメラノーマの違いは?

メラノーマってなに?というくらいに、どんなものかさえ理解できていない人が多いのではないでしょうか。

記事を読む

熱中症は何科の病院へ行くべき?事前に知っておきたいこと!

暑い季節になると、よく「熱中症に注意しましょう」という言葉を耳にしますよね。 外で活動をしてい

記事を読む

2017年冬から始める花粉症対策は腸の体質改善しましょう!

冬も折り返しを迎えて次は春がやってきます。 春といえば辛いのは花粉症ですね。 私も花粉症

記事を読む

過敏性腸症候群の食事で注意!下痢が続く場合はどうするの?

過敏性腸症候群は色々なタイプがありますが、ここでは下痢型についてみていくことにしましょう。 過

記事を読む

花粉症の症状で微熱が出る場合は?風邪との見分け方のチェックは?

花粉症でも頭痛や微熱を発症する人がいるというのはわかっていることなのですが、花粉症の時期は季節の変わ

記事を読む

乳がんは男でもなる?しこりがったら男性でもヤバイですよ!

最近、芸能界でも発症される方が多い「乳がん」ですが、女性だけの病気では無いって知っていましたか?

記事を読む

いびきの治し方!マウスピースで改善?

知人と旅行に行ったとき、いびきがうるさくて寝られない!って事ありますよね。 本人は無意識なので

記事を読む

チョコレートの驚きの効能とは?妊娠中に食べてもいいの!

男女問わず大人気のお菓子「チョコレート」。 意外な効能が今話題に! 妊娠中に食べたら駄目

記事を読む

口内炎が舌の付け根に!誰でもわかる原因と対策とは!

舌の付け根に口内炎が出来ると喋るのも食べるのも痛くて日常生活が苦痛になりますよね。 なぜ唇では

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑