杏仁オイルって薬局で買うことは可能?美肌効果がスゴイ!

公開日: : 健康/病気/医学, スキンケア

美肌効果があると人気の杏仁オイルですが、どこで購入できるか知っていますか?

近くの薬局でも買えるのでしょうか?

ここでは杏仁オイルの特徴や効能、薬局で買えるかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

美容効果抜群の杏仁オイルは薬局では買えないの?

『杏仁』を見ると杏仁豆腐(あんにんどうふ)を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

『杏仁』は”きょうにん”とも読まれており、杏子(あんず)の種子の中にある仁を取り出したものをいいます。

そして、その仁から油分を抽出した作ったものを杏仁オイルといい、このオイルには美容効果があるといわれています。

 

杏仁オイルは、『きょうにんオイル・あんにんオイル』と読みますが、アプリコットオイル、アプリコットカーネルオイルとも呼ばれています。

イボの治療薬としても有名なので、薬局で求めようとされる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、医薬品の分類ではなく、エッセンシャルオイルの一つとして販売されているということもあり、精油を売っているお店や通販サイトでも気軽に購入することができます

ですので薬局での購入は難しいです。

 

その純度は様々です。

香りを楽しむだけなら品質にこだわる必要はないかもしれませんが、肌に使うのであれば一番搾りのエクストラヴァージンオイルが安心かもしれません。

オーガニックや純度の高いものは少々お値段も高くなりますが、美容に使うのに肌荒れしてしまっては意味がないですよね。

その為、購入する際は抽出方法等をしっかりと吟味されることをおすすめします。

b1b5f7d27f36d3266bd1263fdbc22f88_s

 

 

 

杏仁オイル(アプリコットオイル)に含まれる成分

杏仁オイルには、美容によいとされている成分が豊富に含まれています。

ここでは、各成分の効能等についてご紹介したいと思います。

 

ビタミンE

油溶性のビタミンで、抗酸化作用があるといわれており、肌の老化の原因ともいわれている活性酸素を除去する作用があり、血行促進の効果もあるとされています。

 

 

オレイン酸

肌や髪になじみやすく、保湿効果があるといわれています。

 

 

リノール酸

セラミドの構成成分であり、皮膚の老化や乾燥を防ぐ効果があるといわれています。

 

 

パルミトレイン酸

私達人間の皮脂中に存在している成分で、残念ながら加齢により減少してくるといわれています。

肌の老化の原因となるパルミトレイン酸を補給することで若い肌を保つサポートをします。

 

 

パルミチン酸

ヘキサデカン酸ともいわれており、飽和脂肪酸の一つで、紫外線から肌を守ってくれる働きをします。

 

 

ステアリン酸

滑らかな使用感が特徴で、皮脂の油分を補う作用をする成分で、飽和脂肪酸の一種です。

 

 

 

杏仁オイルは老人性イボにも効果的?!

加齢によってできるシミと同じような現象で、肌の新陳代謝能力が落ちることが大きな原因で、老人性のイボはできてしまうと言われています。

しかし、必ずしも老人にしかできないというわけではなく、肌の新陳代謝が良くなければ若い人にもできるといわれています。

スポンサーリンク

杏仁オイルがイボに効く仕組みとは?

老人性のイボは皮膚の老化が原因とされています。

皮膚の老化は肌の乾燥をも招いてしまうので、潤いを与えることで緩和させることができます。

杏仁オイルは肌の老化の原因である活性酸素を除去する働きがあるとともに保湿効果もある為、イボに対して使い続けることで、徐々にイボが取れていくという効果を得ることができるようです。

 

あくまでも民間療法として知られているのですべての老人性のイボに効果があるかどうかは個人差は出るかと思います。

また、肌に合うか合わないかの差も出るかと思いますので、複数のイボがある方はまずは1~2つのイボに対して試してみて、効果が見られた場合に次の場所を…という方法をとるほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

杏仁オイルで肌の老化を撃退しよう!

年齢も年齢だし…と肌の若返りを諦めていた方もいらっしゃるでしょうが、高価な化粧品を使用せず、杏仁オイルのような自然派のアイテムでも肌に元気を与えることは可能です。

純粋な杏仁オイルだけではなく、杏仁オイルを使用した化粧品も販売されていますので、是非肌に合うアイテムを見つけて、根気よく続けていただきたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

乳がんは男でもなる?しこりがったら男性でもヤバイですよ!

最近、芸能界でも発症される方が多い「乳がん」ですが、女性だけの病気では無いって知っていましたか?

記事を読む

子供の風邪にはどんな食事が良い?悩めるママにアドバイス!

子供が風邪をひいたとき、お母さんはとにかく心配で仕方がないと思います。 特に、初めて子供が風邪

記事を読む

インフルエンザの潜伏期間は?とくにb型の感染力はどれくらいヤバイ?

インフルエンザと一言で言っていますが、詳しくはa型、b型、c型に分類され、もっとも重篤で感染者も多く

記事を読む

どくだみ茶の効能と効果は?副作用はあるの?

昔から体にいいと飲まれている「どくだみ茶」。 どくだみ茶の効能と効果は?副作用はあるの?

記事を読む

過敏性腸症候群の食事で注意!下痢が続く場合はどうするの?

過敏性腸症候群は色々なタイプがありますが、ここでは下痢型についてみていくことにしましょう。 過

記事を読む

手の甲に蕁麻疹!原因なんでしょうか?

手の甲に謎のぷっくりした腫れや、プツプツが出来る事ってないですか? 湿疹なのか蕁麻疹なのか分か

記事を読む

尋常性疣贅がうつるには条件があるの?早めの治療が必要?

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は『イボ』のことで、肌のポツッとしたできものです。 ところ

記事を読む

花粉症の検査ってどんなもの?金額はどのくらいかかる?

なぜだか急にクシャミや鼻水がひどくなったけど、これは風邪?花粉症?と悩まれている方はいませんか?

記事を読む

風邪に効く食べ物をコンビニで確保!緊急時に最適なものはコレ!

突然の風邪、とにかく体に良いものを摂らなければ… そんな時でも、薬局やスーパーは閉店時間を迎え

記事を読む

花粉症に効くツボ!特に耳たぶのツボってどこ?目のちょこっと緩和ケア!

花粉症が怖い時期になってきましたね。 2017年に関して、今のところ関東は例年よりも、花粉の飛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑