はしかの予防接種、40代の人が受けた方がいい理由とは?

公開日: : 健康/病気/医学

『はしか』は別名『麻疹(ましん)』とも呼ばれており、感染症法に基づく5類感染症全数把握疾患に定められている病気です。

現在は子供の頃に2回の予防接種が義務付けられていますが、大人の人の中では、ある年代によっては1回しか受けていないことがあるようで、特に30~40代の予防接種が推奨されているそうです。

そこで、はしかの予防接種の概要について情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

40代の人は子供の頃にはしかの予防接種をしていない?!

はしかの予防接種は、2回受けてこそ効果を発揮するそうで、1回だけでは免疫がついていないと言われています。

ですが、2回の摂取が義務化されたのは1990年~とまだ比較的新しい規約だったんです。

日本において、はしかの予防接種が始まったのは、1966年~で、義務化されたのは1978年~だそうです。

ですので、義務化される1977年より前に生まれた年代の方の中には、予防接種を受けていない場合もあるようです。

この年代から計算し、40代以上の方が予防接種を受けていない方が多いと考えられるというわけなのです。

sayapon20160312020517_TP_V

 

 

はしか(麻疹)の症状とは?

はしかは、非常に感染力の高いウイルスが要因となって発症する病気ですが、初期症状は、38度前後の熱・せき・くしゃみ・鼻水等、風邪の症状に似ている為、見過ごされる可能性が高いといわれています。

この風邪のような症状が3~4日程続くと、その後はさらに熱があがり、発疹が確認できるようになります。

通常は1週間程度で回復に向かうといわれていますが、重症化すると合併症が起こることがあり、実際に脳炎や肺炎で亡くなった方も大勢いらっしゃるようです。

 

 

 

はしか(麻疹)はどのような経路でかかる?

はしかウイルスは、『飛沫感染』『空気感染』によりウイルスが身体に入るということがわかっており、感染者と同じ空間にいるだけでも感染する可能性があると言われています。

潜伏期間は10~12日と言われているので、はしかの感染が確認できた場合は、日数をさかのぼるとどこで感染したのかがだいたいわかるのではないでしょうか。

 

 

 

はしかの予防接種はどうすれば受けられる?

はしかの予防接種を受けているかどうかは母子手帳を確認すればたいていの場合はわかるのですが、どうしてもわからないという方は、血液検査で抗体があるかどうかを確認することができるそうです。

訪れる医療機関はお子様であれば小児科、大人の方であれば内科で大丈夫です。

 

費用ですが、はしかの疑いがある場合の検査の場合は保険適用なるのがほとんどですが、抗体があるかどうかをただ知りたい場合の検査となると保険は適用されず、自費となるようで、平均で5~6,000円ほどかかるといわれていますが、医療機関によって差がありますので、事前に電話等で確認してもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

はしかの感染実態は?

国立感染症研究所ホームページによると、日本は、2015年3月時点で麻疹の排除状態にあるということがWHO(西太平洋地域事務局)により認定されているとのことです。

ですが、同研究所の報告によると、2016年7月に関西空港が感染場所とされた発症例があるようですので、はしかの流行国ではないとしても、感染の可能性はゼロではないということは認識している必要はあるかもしれません。

さらに詳しい情報を確認したい方はこちらを参考にしてみてください。

 

NIID 国立感染症研究所

http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/ma/measles.html

 

 

 

40代以上でも抗体をもっていることがある

はしかの予防接種が義務化されていない時代、まだ始まっていない時代に生まれている方は、風邪だと思っていた症状が実ははしかだったというように、いつの間にかかかっていたこともあるようです。

そういう方の場合は、予防接種よりも強い抗体ができているといわれており、40代以上の方はこのような抗体をもっている場合も多いようです。

ですが、どうしても不安な方、今現在はしかに似た症状が見られる方は、内科を受診されてもいいかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

テニスボールを使ったマッサージは効果あり!

ストレス社会の世の中、疲れがなかなかとれないあなた! テニスボールを使ったマッサージは手軽で効

記事を読む

子供が風邪を引いたときのおすすめ食事レシピはコレ!

子供が風邪を引いてしまった時、何を食べさせたらいいのでしょうか? やってしまいがちなのが、食事で栄

記事を読む

ジェネリック医薬品とは?メリットとデメリットを分かりやすく解説

ジェネリック医薬品は近年身近な存在となりました。 薬代が安いというのは有名な話ですが、その他に

記事を読む

花粉症で咳が出る場合には病院の何科がいいの?内科?耳鼻科?

花粉症がひどい人は気管支もアレルギー反応によって炎症を起こして咳が出てきますよね。 その花粉症

記事を読む

子供の「お腹が痛い」は、もしかしたらストレスが原因かも!

「お腹が痛い」自分で対処できない子供は親御さんに訴えてきますよね。 そのお腹の痛みの原因は病気

記事を読む

花粉症の症状にだるいと吐き気が出た場合の対処法!

春のような陽気も増えつつある今日この頃。 うららかな日が増え梅や桜も楽しみですね。 だが

記事を読む

唇の白い口内炎が治らない!治し方のコツを伝授!

唇が痛いなぁと思ったら白い丸いものが出来ていることがありますよね。 場所によっては喋るのも食べ

記事を読む

熱中症は何科の病院へ行くべき?事前に知っておきたいこと!

暑い季節になると、よく「熱中症に注意しましょう」という言葉を耳にしますよね。 外で活動をしてい

記事を読む

花粉症の検査ってどんなもの?金額はどのくらいかかる?

なぜだか急にクシャミや鼻水がひどくなったけど、これは風邪?花粉症?と悩まれている方はいませんか?

記事を読む

肌断食で皮むけをおこす原因とは!本当に美肌になれるの?

食事を絶つ断食はみなさん聞いたことがありますよね。 では、それと同じような考えで、肌に行うスキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

PAGE TOP ↑