ハロウィンにかぼちゃが関係する由来をご存知ですか?

公開日: : 季節のイベント/行事, ハロウィン

10月31日といえば、ハロウィン。

ハロウィンを代表するシンボルとして、かぼちゃが存在します。

しかしなぜかぼちゃが由来なのか、意外と知られていません。

なぜハロウィンがかぼちゃに縁があるのか、更にはハロウィンの歴史についても知っておきましょう。

スポンサーリンク

ハロウィン=かぼちゃが元々の由来じゃなかった!?

お化けカボチャ(この言葉、実は文字通りの意味だけでなく、とても大きいカボチャのことも指すそうです)やカボチャランタンは言うまでもなく、ハロウィンの代表的名シンボルです。

カボチャをくりぬいたランタン(ジャック・オ・ランタン)死んだ人の魂として扱うのだそうです。(ちなみに米国では各家庭でカボチャをくりぬいてろうそくを中にたてるランタンを一人一個ほど作るのが風習として存在します)

この様な光景が10月のアメリカではよく見られます。

20160831-4

 

しかし実はこのランタンは、発祥の地であるアイルランドではカボチャではなくカブをくりぬいたものだったのです。

この話がアメリカに渡った際にカブがあまりメジャーでないことや同時期にカボチャが多くとれること、カボチャがあまり食に適さないなどの理由からカボチャがメジャーになったといわれています。

ちなみにこちらが伝統的なカブ(ルバダガという品種)のランタン(20世紀初頭に作られたものだそうです)くりぬき方なども今とだいぶ違いますね。

20160831-4

 

 

 

ハロウィンは収穫祭と西洋のお盆がルーツなのです!

ハロウィンの元は古代までさかのぼります。

発祥の地アイルランドにてケルト人(アイルランド人やスコットランド人)が崇拝していたドルイド教(ケルト教とも言われています)では10月31日に死霊があの世とこの世を自由に行き来ができる日といわれております。(実は旧暦では10月31日が大晦日に当たる日なのだそうです。)

他にも魔がこの世に訪れるといわれていることから魔よけの日という意味合いもあるそうです。

そのため墓参りを行ったり火を炊いて作物を守る儀式を行う習慣があったそうです。

この儀式はサフィン祭と言う名で知れています。

またハロウィンに仮装するのは、死霊に紛れ魔物がこの世に訪れ人々の魂を奪うといわれており、魔物に仮装して自分は仲間だと騙すことで魂を奪われないようにしようとしたことが由来といわれています。

 

 

 

知っておきたい「ジャック・オ・ランタン」

ハロウィンに関する言葉でケルトのほかに、この言葉をきいたことが一度はあるのではないでしょうか?

Jack-o’-LanternはJack of the Lantern(ランタンをもったジャックの短縮形。

昔、怠け者のジャック(Jack)という怠け者の男が収穫祭(ハロウィン)の時に悪魔に魂を奪われそうになりますが悪魔に木の上の収穫物を取らせている隙に十字架を木に刻むことで下りられないようにすることで騙し、魂を奪わせないように交渉を行いました。

後に変わらず怠けた人生を送ったジャックは老いて死後、天国にいけず地獄へ向かいますが門で以前騙した悪魔に例の交渉の話を持ち出され門前払いされてしまいます。

天国にも地獄にもいけずただただ浮上霊物(幽霊のこと)としてさまよっていたジャックは近くにあったカブを彫り、悪魔からもらった火の魂をそのカブに入れてランタン、灯りとしました。

そしてジャックは今もあてもなく、ただ暗い道をさまようことになったのです…。

このジャックの話は先ほどの悪霊の話と重ねて今でも言い伝えられています。

スポンサーリンク

キリスト教と邪教と、アメリカから今のハロウィンは作られた!

まずハロウィン(Halloween)という語源はキリスト教が関係しています。

万聖節(11月1日)のAll Hallows’Eveの短縮形、Hallowseveが語源といわれています。

また現代のハロウィンもキリスト教の万聖節を融合させたものといわれています。

またルーツは前述のケルト人が崇拝したドルイド教が由来です。

邪教というのはカトリックからの視点です。

ドルイド教は自然崇拝とキリスト教が混ざった独特の文化をもつ宗教で、口伝で経典を伝えるのみだったといわれています。

現在でもアイルランドやスコットランドではカブや芋を掘ってジャック・オ・ランタンを作っているそうです。

そして世界で最もハロウィンが発展している国がアメリカです。

発祥はヨーロッパですがアメリカが本場とも言われているほどです。

例えば前述のカボチャランタンを作ることだけでなく、ハロウィンの日は子どもは仮装して学校へ登校することがごく自然です。

20160831-4

 

そして先生も仮装してきます。

州にもよるらしく米国では5~6割の人たちがお祝いする行事となっております。

長い歴史の中で様々な過程をえて今の形になったハロウィン。

海外の人たちのSNSなどでは本格的に祝っている様子がみれてなかなか面白いですよ。

ハロウィン特集記事

スポンサーリンク

関連記事

七五三で神社へ納めるお金はどうすればいい?書き方は?

七五三で神社へお参りする際、神社に納めるお金を初穂料(はつほりょう)と言いますが、初穂料をどのような

記事を読む

ポインセチアの育て方!室内でもバッチリ育つ簡単なポイントはコレ!

クリスマスの植物は?と聞いてまっさきに思いつくのはポインセチアですよね。 綺麗で華やかだけど育

記事を読む

夏コミの持ち物リスト!初めての人でもこれで安心!

コミックマーケットといえば、一年に二度の大きなイベントですよね。 毎年大勢の人が押し寄せて、一

記事を読む

卒業式におすすめのショートの母の髪型!

育児に家事に仕事に追われているお母さんにとって一大行事って卒業式ですよね。 でもその反面、お母

記事を読む

七五三の着付け、料金はどのくらい美容室でかかるの?

かわいいわが子の七五三、折角ですからしっかり着付けて参加したいですよね。 ただ美容院でやろうに

記事を読む

ハロウィンで化粧をする男はモテますか?難易度別に7選を紹介!

ハロウィンではしゃぐのは女だけの特権なのか? 男だって化粧して、仮装して、思いっきりハロウィン

記事を読む

父の日2016年 こんなプレゼントはいかかでしょうか?

結婚して子供が生まれて、その子供が成長してやがて誕生日とは別に父の日にプレゼントを贈るようになります

記事を読む

ハロウィンのかぼちゃ!もともとは別の野菜って知ってた?

ハロウィンといえばかぼちゃのオブジェ。 ジャック・オー・ランタン! でもなんでかぼちゃな

記事を読む

ハロウィンの仮装♪完璧メイクと衣裳でポリスに変身!!

ハロウィンの仮装は悪魔やゾンビだけではない!! 女の子なら一度はやってみたくないですか?

記事を読む

ハロウィンの飾り付けのアイディアが浮かばない!おすすめ7選!

今年も間も無くやってくる! 年に一度の一大イベントハロウィン! 学校で、家庭で、パーティ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

PAGE TOP ↑