ハロウィンの料理には様々な伝統があります!知ってますか?

公開日: : 最終更新日:2016/09/02 季節のイベント/行事, ハロウィン

ハロウィンの料理やお菓子といえば、日本ではかぼちゃに関連したものが一般的です。

しかし海外では実はかぼちゃ料理がメジャーであるかというとそうでもありません。

その背景には根強い伝統がありました。

今年のハロウィンはいつもと違う「本場の伝統」に親しんだものはいかがですか?

スポンサーリンク

ハロウィンの伝統から生まれた料理とは?

ハロウィン発祥の地、アイルランドで親しまれているハロウィンの伝統料理、そして現在でも親しまれている料理に、コルカノンバーンブラックがあります。

 

 

コルカノン(コルキャノンと呼ばれることも)

20160831-4

ハロウィン発祥の地アイルランドでの伝統的な料理。

ポテトマッシュにキャベツが加わったものです。

バターと牛乳で味付けされているのが大きな特徴。

まずゆでた芋を荒くつぶしたあとにゆでたキャベツをみじん切りにしたものやベーコンを加えます。

ここでマヨネーズが入れば普通のポテトサラダですが、鍋に入れ、牛乳とバターで弱火~中火で5分ほど煮詰めるとコルカノンが出来上がります。

現地ではキャベツよりもケイルを用いるのが一般的です。

また家庭によってハムやねぎを入れたりするそうです。

海外ではインスタントで調理できるコルカノンなども存在する程身近な料理でもあります。

 

 

バーンブラック(ブラックバーン)

20160831-4

結婚式やハロウィンでよく食べられるドライフルーツがはいったパン、もしくはケーキ

ブラックとは黒、ではなく斑点のこと。

アイルランド語が由来。

日本で食べられるバーンブラックはパウンドケーキに近いものが一般的(特にレシピ)ですが、元はどちらかというとパンの一種なのだそうです。

強力粉(パンを作る際に用いられる小麦粉)を使う場合が殆どです。

またこのバーンブラックをもちいてハロウィンの時期に行われているおまじないが存在します

焼く前にあらかじめ「あるもの」をドライフルーツを仕込んでから焼き、切り分けます。

割り当てられたケーキに仕込まれた「あるもの」によって今後の将来を占う、といった風習があります。

指輪がはいっていたら将来結婚できる、コインが入っていたら裕福になれる…など。

現地のパン屋で売られているバーンブラックにもハロウィンの時期にはおもちゃの指輪が入っている場合が多いのだそうです。

他には収穫祭ということもありナッツ類も多く食べられているそうです。

 

 

 

アメリカで親しまれているハロウィンの定番料理

ハロウィンはアイルランドで生まれましたが、大きく発展したのはアメリカです。

そのためアメリカ新たに生まれたハロウィン料理も存在します。

 

 

デビルエッグ

20160831-4

名前は不気味な雰囲気漂いますが、オートブルの一種でイースター(復活祭)などでも定番の料理。

レシピは様々ですが、基本はゆで卵を縦に割って黄身をくりぬきマヨネーズで混ぜたものを乗せたものです。

クラッカーに乗せて食べるのが一般的です。

シンプルなレシピのためアレンジが非常に豊富なのが特徴。

ハロウィンの時期はホラーチックにデコレーションすることも多いそうです。

20160831-4

これでも一例。

黄身のディップの味をかえるだけでも大きく変わりますね。

 

 

キャラメル・アップル

20160831-4

一言でいうなら、名前の通りりんご飴です。

りんご飴というと縁日のイメージが強いかもしれませんが、飴よりもキャラメルでコーティングしたものや、より派手な装飾をしたものが多く見られます。

スポンサーリンク

海外でのハロウィンでの定番は「グロデスク」!?

日本でメジャーなハロウィン料理は「かわいい」イメージのものが強いですが米国ではむしろ「リアルで恐ろしい」イメージのものがメジャーだったりします。

たとえば脳みその形のマシュマロ目玉の形をしたキャンディ

食べ物も手の形を模したミートローフなど、子どもが泣いてしまうのでは…というものが多く見られます。

20160831-4

これは指ではありません、クッキーです。

アーモンドで爪を再現しています。

 

20160831-4

アメリカの定番、デビルエッグもこの通り。

20160831-4

既製品もこのようにリアルなものが多く見られました。

古くから親しまれている料理は癖があまりない食べ物ばかり。

ハロウィンパーティーにぜひともお勧めです。

ハロウィン特集記事

スポンサーリンク

関連記事

ハロウィンの衣装は高い?子供なら100均で手作りも可能!

100均で揃わないものなんてない! ハロウィンだけど、そこまで子供にお金をかけてあげられない…

記事を読む

初盆の人への贈り物!のし紙はどのようにすればいいの?

夏に初盆を迎える人へ贈り物。 「のしは付けたほうがいい…」とは思っても表書きに困ったことはあり

記事を読む

男性でも貰って嬉しい!父の日にはバラの花束を!!

母の日にはカーネーションの花を送るということはもう当たり前のようになっている風習ですが、父の日にも花

記事を読む

早生まれの七五三の時期はいつやるの?数え年と満年齢どっち?

早生まれっていろいろ迷うことありますよね。 幼児期に感じる1年近くの違いは大きいんです。

記事を読む

七五三の初穂料はいくら?封筒の書き方はどうしたらいいの?

七五三の準備のひとつとして、初穂料とそれを入れる封筒が必要ですよね。 料金がどのくらいかかるの

記事を読む

七五三でお参りの際に支払う初穂料って?金額はどれくらい?

神社(神様)にお供えするお金の事を「初穂料(はつほりょう)」と言います。 「玉串料(たまぐしり

記事を読む

お中元の渡し方にマナーはある?持参する袋は?

お世話になった人のお宅にお中元を届けようと思っていても、どのように持って行けばいいのか? 袋や

記事を読む

靖国神社みたままつり2015の日程とみどころ

靖国神社といえば、聞いたことがある人がほとんどだと思います。 そんな靖国神社でお祭りが開催され

記事を読む

2016年のハロウィンの日にちはいつ?意外と知らない事!

毎年10月頃になると、街のあちこちでハロウィンのイベントが開催されます。 コスプレを楽しんだり

記事を読む

七夕で有名な俳句って?知って、詠んで、楽しい俳句!

毎年7月7日は誰もが知っている七夕ですが、七夕にまつわる俳句があることを、あなたは知っていますか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑