関東の一泊旅行おすすめスポット!プチ旅行はこれで決まり!

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 1泊旅行, レジャー

週末を利用して楽しめるのが一泊旅行の良いところ!

日頃の疲れを癒したり、遊び回ってストレス発散したり、色んな楽しみ方があると思います。

そこで今回は、一泊旅行の目的に合わせて、関東のおすすめスポットをご紹介していきます!

スポンサーリンク

関東の一泊旅行おすすめスポット!癒し編

日頃の疲れをのんびりと癒したい!日々の忙しさを忘れたい!というあなたには、こちらのスポットがお勧めです。

 

・草津温泉(群馬県)

20160408-3

定番中の定番ではありますが、それだけ人気でおすすめの一泊旅行先が草津温泉です。

日本三名泉の一つにも数えられている草津温泉は、江戸時代には当時の温泉番付で最高位にもなったことがあるほど、素晴らしく全国的にも有名な温泉です。

草津温泉のシンボルともいえる湯畑のライトアップや、草津白根山湯釜などを楽しみながら、酸性泉で疲れた体を癒すのは如何でしょうか?

温泉の効能も、皮膚病や神経痛、糖尿病から、筋肉痛や五十肩、慢性婦人病など温泉ごとに様々な効果があって老若男女すべての人におすすめのスポットです。

 

 

・袋田の滝(茨城県)

日本三大名瀑の一つである袋田の滝は、どの季節でも大迫力の滝と、風情漂う景色を堪能出来ておすすめです。

久慈川の支流で、滝川にかかる落差は120mもあり、幅は73mと規模が大きく、また岩肌を流れ落ちる滝の豪快な美しさは感動的です。

日頃のストレスや悩みなど、吹き飛んでしまうぐらいに壮大で心震える滝の景色を、マイナスイオンを浴びながら堪能してみるのは如何でしょうか?

自分の持つ悩みなど、小さなことなんだと気付くきっかけを作ってくれるかもしれませんよ。

 

 

・長瀞(ながとろ)渓谷(埼玉県)

荒川の清流が作り出す長瀞渓谷の美しさは、まさに自然の造形美とも言えます。

岩畳の広がる景勝地では、季節ごとに変化に富んだ姿が楽しめますが、最も渓谷の美しさを味わえるのが紅葉シーズンです。紅葉の鮮やかな色合いとのコントラストは、見ているだけで溜息が漏れてしまうほどの美しさです。

心落ち着く景色と、穏やかな水面を眺めていると、日々の忙しさなど忘れてしまいそうです。

時間を忘れたい人にはぜひおすすめのスポットです。

 

 

 

関東の一泊旅行おすすめスポット!レジャー編

折角の一泊旅行を、思い切り遊んで楽しみたい!というあなたにおすすめのスポットをご紹介していきます。

・むさしの村(埼玉県)

20160408-3

家族で楽しめるスポットとして特におすすめなのが、むさしの村です。

埼玉県の豊かな自然を活かして作られたこの遊園地は、農協が運営しているという点で、他の遊園地とはちょっと違っています。

また、自然がたくさんで、農協が運営しているからこそ、遊園地なのに農業体験が出来たりと、遊びと自然が両方楽しめるのが特徴的です。

遊園地のアトラクションや、キャラクターショー、また動物たちとのふれあい広場など、楽しみ方は実に様々で、一日で回りきるのが大変なくらいに魅力的なスポットです。

小さなお子さま連れのご家族は十分に楽しめることと思います。

 

 

・ターザニア(千葉県)

思い切り体を動かして遊びたい!という人には「樹の上の冒険王国ターザニア」がおすすめです。

その魅力は何といっても、自然の中で大人も子どもも関係なく体を動かして楽しめるというところです。

コースもアドベンチャーコースやキャノピーコース、ロングジップスライドなどさまざまで、専用のハーネスを着用して樹から樹へ空中移動したり、足場を確保しながら高い樹の上を移動したりと、ドキドキワクワクがいっぱいです!

同じ敷地内にテニスコートやプール、レストランやホテルなどの設備も整っており、疲れた体をゆっくりと休めることも出来ます。

思い切り体を動かして、ストレス発散したい人はぜひ体験してみて下さい。

 

 

・竜神大吊橋(茨城県)

自然の壮大さを味わいながら、同時にヒヤッ!ドキッ!としたい人には竜神大吊橋がおすすめです。

竜神ダムの上にかけられた橋の長さは375mもあり、歩行者専用の橋では本州一の長さを誇ります。

ダム湖面からの高さは100mで、四季折々の橋からの景色はまさに絶景です。

また、この橋で景色以外のおすすめに、バンジージャンプがあります。

しっかりと安全装置をつけた上でも、高さ100mから飛び降りるのはかなり勇気が要りますが、一度飛んでしまえばその爽快感はきっと癖になるはず!

悩みを吹き飛ばしたい人に特におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

如何でしたでしょうか?

一泊旅行は自分たちが何をしたいか、どう気分転換をしたいかなどによって、目的地が実に様々です。

20160408-3

汗をたくさんかいてスカッとしたい人にはレジャーやアウトドアがおすすめですし、のんびりと癒されたい人には、自然観光地巡りや温泉などがおすすめです。

目的に合わせて場所を決めるのも良いですし、行きたい場所に行ってからどうするかを決めるのも良いでしょう。

どんな一泊旅行にせよ、どうせ行くなら全力で楽しめるようにしましょう!

スポンサーリンク

関連記事

一泊旅行の持ち物リストを作ろう!楽しい旅行にするために!

一泊二日の楽しい旅行!でもちょっと待って、持って行くものは大丈夫ですか? ちゃんと用意したはず

記事を読む

サマーランドのプールを割引料金で楽しもう!お得情報満載!

夏休みともなれば、一度は行ってみたいのが「東京サマーランド」ですよね。 屋内外のプールに流れる

記事を読む

1泊旅行にふさわしい鞄はどれ?おすすめの鞄をご紹介!

旅行を計画!行くところも決めた!日程も決めた!そこで迷うのが「どの鞄を持って行こう…」ということでは

記事を読む

山梨のぶどう狩りシーズンは?

山梨県で行われるブドウ狩りのシーズンはいつから始まるのでしょうか。 今回はブドウ狩りについて、

記事を読む

国内の卒業旅行の穴場にオススメはココ!静岡県下田市で温泉と海鮮三昧!

この時期になると学校を卒業する方の楽しみなのが、卒業旅行ですよね。 しかし、北海道や、沖縄、ま

記事を読む

世界遺産で注目!軍艦島のツアーが大人気!進撃の巨人の撮影も?

「明治日本の産業革命遺産」に登録! 手つかずの無人島、軍艦島をピックアップ! 炭鉱の島~

記事を読む

一泊旅行のレディースかばんのお勧め!自分に合った選び方!

一泊旅行で大事なのは、なんと言っても事前の荷造りですよね。 一泊とはいえ、女性の方が男性よりも

記事を読む

青春18きっぷの使い方!

「青春18」だから、18歳の学生さんが使える切符だと思っていませんか? この切符は誰でも使える

記事を読む

青春18きっぷはお盆期間も使えるの?

皆さん「青春18きっぷ」の存在をご存知でしょうか。 今回は、この「青春18きっぷ」についてお話

記事を読む

アクアライン海ほたるの料金はいくら?

海に浮かぶパーキングエリア「海ほたる」。 天気の良い日は海を眺めてゆったりしましょう!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑