胃が気持ち悪い時の対処法!知ってる?効き目の強いツボ3つ

公開日: : 健康/病気/医学

胃が気持ち悪い!何と表現したらよいのか分からない、あのモヤモヤ!

とにかく食欲がなくなったり、自分で対処しても治らなくて、辛いですよね。

そんな地味に続くの気持ち悪い状態に、去年の夏は私も苦しみました。

何よりも接客中だから今すぐその場で胃が気持ち悪いのを止めたい!

こんな私と同じく、切なる願いを持っていらっしゃる方もいると思います。

そこで私が見つけた、簡単で効き目が強いツボを3つ紹介したいと思います。

胃が気持ち悪い時の、とっさの対処法として、是非お試しあれ!

スポンサーリンク

胃が気持ち悪い!直ぐ対処できる 応急ツボ

胃が気持悪さにも色々とある思いますが、とにかく今すぐ、少しでも楽になりたいと言う願いは変わらないと思います。

そこで何時でもドコでも道具なしで出来る動作といえば?!

そう、ツボです。

その中から有名なツボを3つご紹介します。

【注意】食中毒、吐き気、熱、妊婦の場合は、ツボ押しはしないでください。

20160408-3

 

 

① 合谷(ごうこく)

親指とひさし指の骨をたどり、交わる所にあるツボ。

虫歯や腹痛、肩こり等、代表的な痛みをとるツボになります。

これだけでも覚えておけばという、応用範囲が広いツボ!

 

 

② 中脘(チュウカン)

みぞおちとお臍の真ん中にあるツボ。

ここを押すと胃を活発に動かすための刺激になります。

食べすぎて気持ち悪い時にも良く効いてくれるツボです。

 

 

③ 上脘(ジョウカン)

みぞおちとお臍の真ん中より、少し上にあるツボ。

ここを押すと足りない胃の気を活性化してくれます。

胃の激痛によく効くツボでもあります。

こちらは少し取り方が難しいので、説明を見てからトライしよう!

 

 

ツボの取り方

1 片方の手で親指を除く、4本をお臍の真上に添える。

2 もう片方の手で親指と人差し指を除く、3本をその上に添える。

 

こう取ると、真ん中よりも少し上気味になったりすると思います。

ようは腸の上ではなく胃の真ん中あたりだよ!ということですね。

20160408-3

 

 

 

簡単!ツボの押し方

上でツボの取り方を簡単に説明しましたが、ツボは押し方が分からないと押しても効果がない事が多いです。

せっかく押すなら効果的に!

少しコツをつかむまでは難しツボですが、ツボには共通の押し方がありますので、これを読んでチャレンジしてみてください。

 

 

① 呼吸とタイミング

息を吐きながら指を五秒程度、押しこみ、吐くきったら手を放す。

また吸いながら押しましょう。

それを5~6回繰り返すだけ。

とても簡単ですが、注意点があります。

あまり強く押しすぎないこと。

痣になるぐらい押す、赤くなるまで押し続ける、吸うときも皮膚から離さず押し続ける……といった動作は、要注意です。

一瞬刺激になって良いような気もしますが、適度な刺激をリズムよくというのがポイントです。

 

 

② 指

親指を使うことが多いです。

特にお腹はデリケートなので、押し込むにしても力いっぱいではなく、指の腹で優しく押しましょう。

ツボは捉えにくいものなので、慣れない内は薬指・中指・人差し指の3本で押すのもアリです。

爪は切っておいた方が跡が付かなくて良いと思います。

 

 

③ 押し方

押してみると場所によって感覚が違うことが分かる思います。

触ると痛みを伴うことも!

痛い箇所は優しく触れましょう。

ここで「我慢」とか「耐えて」触れてはいけません。

あくまで心地よい範囲で触れてください。

痛みも何も感じずに気持ちよく沈んでゆく場所は、お腹以外は少し強めに押しても大丈夫です。

痛くて押せない、または、これで効果がないという時もあります。

そんな時、私は臍の下の丹田と、背中の胃の裏の場所に湯たんぽやカイロを張って眠ります。

胃の気持ち悪さも和らいで、朝にはすっきり出来ますよ!

なぜ温めるのかというと、温めるとはツボ押しの様に停滞している気を動かすのが目的ではなく、補い体を温めるのが目的と言われています。

スポンサーリンク

胃の気持ち悪さは日常の対策から!

胃が気持ち悪い対処方法は千差万別ですが、一番わかりやすく簡単で、だれでも出来る方法を今回はご案内しました。

実は誰でもできる方法として、温める事や甘くて冷たい物を避ける等、日常の生活で出来る事って意外とあります。

特に夏は、甘くて冷たいスイートやキンキンに冷えた炭酸などを飲む機会も多いと思います。

甘いものは実は胃をゆっくりと疲弊させ、直接冷たくする冷えたビールや氷丸齧り以上の打撃を与えることも。

誰だって、ストレスなく日常を過ごしたいですよね?

そのために、今日から少しだけ、自分胃を労わりながら過ごし、イザという時にはツボを使う!

そうしてみるのも良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

口内炎の治療に塩は効果がある!その噂は本当か?!

口内炎を早く治す方法として『塩を塗る』ということを聞いたことがありませんか? 昔はよくされてい

記事を読む

歯の黄ばみの落とし方!効果的な方法を詳しくご紹介

ある日突然気づく歯の黄ばみ、気になりだすと鏡を見るたびため息が出て、人前で歯を見せて笑うことも恥ずか

記事を読む

インフルエンザの予防接種の効果の出るのはいつからかでるの?

毎年冬になると猛威をふるうインフルエンザ。 通勤や通学に影響が出ないようできる限りの防御をした

記事を読む

メラノーマの爪にできた場合の見分け方

転移率の高いメラノーマですが、発生するのは足の裏や手のひらだけではないことをご存知ですか? メ

記事を読む

喉が痛い時の対処法!意外なはちみつの効果って?

風邪の初期症状として辛いのがのどの痛みですよね。 喉が痛いと辛い。 それだけで疲れちゃい

記事を読む

インフルエンザの潜伏期間は?とくにb型の感染力はどれくらいヤバイ?

インフルエンザと一言で言っていますが、詳しくはa型、b型、c型に分類され、もっとも重篤で感染者も多く

記事を読む

花粉症の症状で頭痛?たったこれだけで頭痛が治る!!

辛い花粉症ですが、鼻水やクシャミ、目の痒みだけではなく人によっては頭痛まで引き起こす症状がでる人もい

記事を読む

はしかの予防接種、40代の人が受けた方がいい理由とは?

『はしか』は別名『麻疹(ましん)』とも呼ばれており、感染症法に基づく5類感染症全数把握疾患に定められ

記事を読む

肌断食で皮むけをおこす原因とは!本当に美肌になれるの?

食事を絶つ断食はみなさん聞いたことがありますよね。 では、それと同じような考えで、肌に行うスキ

記事を読む

口の臭いの原因かも?臭い玉の取り方を徹底解説!

口の臭いでトラブルを抱えているあなた。 『臭い玉』ってご存知ですか? 日頃から口の臭いが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

PAGE TOP ↑