敬老の日に贈るお祝いの言葉は大丈夫? 誤解を生む2つの罠!

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 季節のイベント/行事, 敬老の日

敬老の日って、プレゼントやお祝いの言葉で困りませんか?

その日だけは大切な人へ、普段は恥ずかしくて言えいけど、日頃の感謝の言葉が伝わってほしいですよね。

でも、その気持ちが伝わらない! 伝わるけど不快にさせてしまう! そんな悲しいNGポイントがあるのです。

私の経験と共に、 大きく2つの特徴に纏めてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 敬老の日に贈るお祝いの言葉NGポイント1 軋轢を生む言葉

「御婆ちゃん」

【例】御婆ちゃん、いつまでも元気でいてね。

 

こんな事で?

と思うかもしれませんが「呼び名」は呼んでくれる人の立場によって、本人の受け止め方が大きく異なるデリケートな問題です。

 

・嫁からもらう時は、義理母さまへと書いてほしい

・孫でもないのに言われる筋合いは無い

・義嫁が孫に「御婆ちゃんに」と説明している時でさえ違和感を感じる

 

その気持ちの裏には「貴女の母さんではない」という、思いがあるのです。

そして私のお聞きした限りでは、80歳の方でも反射的に違和感を感じるとの事でした。

貴方のお母様もそうとは限りませんが、これも本人には言えない紛れも無い本音。

もしかして……と考慮しても良いのかもしれませんね。

 

 

 

「敬老の日」

【例】敬老の日おめでとう!

 

「敬老の日」と言えば老人の長寿を祝う日というイメージがあると思います。

その「老人」というイメージから、抵抗感が有る人も多いのではないでしょうか。

その気持ちの裏には「老人と一緒くたにしてほしくない」という、思いがある様です。

では何時から「敬老の日」に違和感を感じなくなるのか?

 

・「孫が生まれた時」

・「自分を老人だと思った時に書かれていても良い」

 

自分が老人と思った時というのは難しいですが…

私の知り合いにも60歳の若い御婆ちゃんがいらっしゃいますが、お孫さんに言われるのも違和感があるから「ばあば」と呼ばせているそうです。

65定年なった今、年齢よりも若いと感じている方が沢山いらっしゃいます。

複数の方にお聞きした所、65では未だ「老人」いう感覚は無く、「敬老の日」と書かれていたら違和感を感じるとのことでした。

そんな複雑な年齢には「敬老の日」と書く代わりに「ありがうの日」として、感謝の言葉を書くだけでも良いのかも知れません。

 

 

 

 

子ども扱い・上から目線

【例】「長生きしましょうね」「頑張りましょうね」「●●できると良いね」

 

労るために贈る言葉が、思いもよらず上から目線になってしまう事があります。

これは私の失敗談なのですが、介護やお世話を毎日しているとよく見て気遣っているからこそ、相手の状態が解ります。

子供の様になってしまった部分を手伝う事もあるのです。

すると、自分の方がパワーバランスが上になってしまって普段から犯してしまいがちな事に。

それが感謝の言葉としてウッカリ出てしまう。

そんな祝いの言葉を貰ったら?

年下からこのように言われた場合でも、やはり気分が悪いですよね?

スポンサーリンク

敬老の日に贈るお祝いの言葉NGポイント2 誤解を生む言葉

無難な言葉、それが誤解の元!

折角プレゼント共に祝いの言葉も送ったのに「お義理なのね」と思わせてしまう。

ガッカリさせてしまう、そんな事が有ります。

それはお店の用意した、手書きでは無い「祝いの言葉」の様です。

 

・お店の形式のそのまま、世間がやっているからやったのかな?と義理を感じる

・ただ慣習として送っただけかな 貰ったら貰ったで嬉しいけど

・いかにも義理な言葉だとがっかりする

 

この思いの裏には「自発的に送ってもらったという気持ちが分かると嬉しいよね」という気持ちが有る様です。

中にはお義理でも送ってもらわないよりは嬉しいし、送られないと複雑な気持ちになる。

そういう方もいらっしゃいましたが、やっぱり折角贈るなら誤解は無くしたいですし、ガッカリさせたくはないものです。

手書きで添えるだけで思いが伝わりやすいなら、添えて喜ばれたいものですよね。
20160408-3

 

 

 

最後はやっぱり気遣う気持ち

私の話でお恥ずかしいのですが、お祝いの言葉を離れた祖母に郵送した時の事です。

「贈ってもらうのはうれしいけど、手書きのメッセージがあった方が伝わる。こんなに思ってくれているんだなと思う」と、言われたこが有りました。

品物や、ただの言葉が嬉しいのではないのです。

やはり祝いの言葉のメッセージは思いを届けるメッセージであり、その思う心や気持ちが、相手の心を打ち、暖かくするのではないのでしょうか?

 

上記のちょっとしたポイントさえ気をつければ、貴方の手書きのメッセージは心は届く筈!

どんなメッセージでも伝わるはずです。

スポンサーリンク

関連記事

年賀状に書く『謹賀新年』にはこんな意味があった!

私たちが年賀状に当たり前のように書いている新年の挨拶『謹賀新年』。 恥ずかしながら私はこの言葉

記事を読む

新宿エイサー祭り2015のみどころ!屋台や交通規制の情報

新宿エイサーまつり、皆さんご存知でしょうか? 新宿エイサー祭りについてご紹介致します!

記事を読む

初盆のお布施の相場は?知っておきたい法事法要のマナー

初盆や新盆には、家族や親戚が集まって法事や法要を執り行いますよね。 その際に、お坊さんを呼んで

記事を読む

お中元の手渡しマナーを知ろう!渡して喜ばれる物はコレだ!

お中元とは、半年間お世話になった方へ感謝をこめて贈る品物の内、7月初旬から8月中旬にかけて贈られるも

記事を読む

大人のハロウィン♪仮装は簡単手作り衣裳で決まり!

日本でも年々賑わいを見せているハロウィン。 各イベントでは大人も子供もさまざまな衣装やメイクの

記事を読む

夏コミ2015の日程は?

夏の「コミックマーケット」は過酷! 暑さと行列との戦いです! 気合い入れて行きましょう!

記事を読む

敬老の日にオススメの花は?喜ばれるメッセージも贈ろう!

普段は口に出して言えない感謝の気持ちを、お花に添えて贈りましょう! 敬老の日について

記事を読む

丸岡古城まつり2015の日程と見所を紹介!武者行列は迫力あり!

今年の秋祭りも目白押し! ここでは福井県 伝統の祭り「丸岡古城まつり」をピックアップ!

記事を読む

父の日にバラ? それをイラストで表したら…

お世話になった相手に花を贈ることはよい心がけです。 例えば、卒業式や退任式など重要な場面に必ず

記事を読む

子供も簡単ハロウィンメイク!可愛い猫に大変身するポイントはコレ!

10月31日はハロウィン。 日本でも年々メジャーなイベントになってきましたね。 パーティ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑