敬老の日に贈るお祝いの言葉は大丈夫? 誤解を生む2つの罠!

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 季節のイベント/行事, 敬老の日

敬老の日って、プレゼントやお祝いの言葉で困りませんか?

その日だけは大切な人へ、普段は恥ずかしくて言えいけど、日頃の感謝の言葉が伝わってほしいですよね。

でも、その気持ちが伝わらない! 伝わるけど不快にさせてしまう! そんな悲しいNGポイントがあるのです。

私の経験と共に、 大きく2つの特徴に纏めてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 敬老の日に贈るお祝いの言葉NGポイント1 軋轢を生む言葉

「御婆ちゃん」

【例】御婆ちゃん、いつまでも元気でいてね。

 

こんな事で?

と思うかもしれませんが「呼び名」は呼んでくれる人の立場によって、本人の受け止め方が大きく異なるデリケートな問題です。

 

・嫁からもらう時は、義理母さまへと書いてほしい

・孫でもないのに言われる筋合いは無い

・義嫁が孫に「御婆ちゃんに」と説明している時でさえ違和感を感じる

 

その気持ちの裏には「貴女の母さんではない」という、思いがあるのです。

そして私のお聞きした限りでは、80歳の方でも反射的に違和感を感じるとの事でした。

貴方のお母様もそうとは限りませんが、これも本人には言えない紛れも無い本音。

もしかして……と考慮しても良いのかもしれませんね。

 

 

 

「敬老の日」

【例】敬老の日おめでとう!

 

「敬老の日」と言えば老人の長寿を祝う日というイメージがあると思います。

その「老人」というイメージから、抵抗感が有る人も多いのではないでしょうか。

その気持ちの裏には「老人と一緒くたにしてほしくない」という、思いがある様です。

では何時から「敬老の日」に違和感を感じなくなるのか?

 

・「孫が生まれた時」

・「自分を老人だと思った時に書かれていても良い」

 

自分が老人と思った時というのは難しいですが…

私の知り合いにも60歳の若い御婆ちゃんがいらっしゃいますが、お孫さんに言われるのも違和感があるから「ばあば」と呼ばせているそうです。

65定年なった今、年齢よりも若いと感じている方が沢山いらっしゃいます。

複数の方にお聞きした所、65では未だ「老人」いう感覚は無く、「敬老の日」と書かれていたら違和感を感じるとのことでした。

そんな複雑な年齢には「敬老の日」と書く代わりに「ありがうの日」として、感謝の言葉を書くだけでも良いのかも知れません。

 

 

 

 

子ども扱い・上から目線

【例】「長生きしましょうね」「頑張りましょうね」「●●できると良いね」

 

労るために贈る言葉が、思いもよらず上から目線になってしまう事があります。

これは私の失敗談なのですが、介護やお世話を毎日しているとよく見て気遣っているからこそ、相手の状態が解ります。

子供の様になってしまった部分を手伝う事もあるのです。

すると、自分の方がパワーバランスが上になってしまって普段から犯してしまいがちな事に。

それが感謝の言葉としてウッカリ出てしまう。

そんな祝いの言葉を貰ったら?

年下からこのように言われた場合でも、やはり気分が悪いですよね?

スポンサーリンク

敬老の日に贈るお祝いの言葉NGポイント2 誤解を生む言葉

無難な言葉、それが誤解の元!

折角プレゼント共に祝いの言葉も送ったのに「お義理なのね」と思わせてしまう。

ガッカリさせてしまう、そんな事が有ります。

それはお店の用意した、手書きでは無い「祝いの言葉」の様です。

 

・お店の形式のそのまま、世間がやっているからやったのかな?と義理を感じる

・ただ慣習として送っただけかな 貰ったら貰ったで嬉しいけど

・いかにも義理な言葉だとがっかりする

 

この思いの裏には「自発的に送ってもらったという気持ちが分かると嬉しいよね」という気持ちが有る様です。

中にはお義理でも送ってもらわないよりは嬉しいし、送られないと複雑な気持ちになる。

そういう方もいらっしゃいましたが、やっぱり折角贈るなら誤解は無くしたいですし、ガッカリさせたくはないものです。

手書きで添えるだけで思いが伝わりやすいなら、添えて喜ばれたいものですよね。
20160408-3

 

 

 

最後はやっぱり気遣う気持ち

私の話でお恥ずかしいのですが、お祝いの言葉を離れた祖母に郵送した時の事です。

「贈ってもらうのはうれしいけど、手書きのメッセージがあった方が伝わる。こんなに思ってくれているんだなと思う」と、言われたこが有りました。

品物や、ただの言葉が嬉しいのではないのです。

やはり祝いの言葉のメッセージは思いを届けるメッセージであり、その思う心や気持ちが、相手の心を打ち、暖かくするのではないのでしょうか?

 

上記のちょっとしたポイントさえ気をつければ、貴方の手書きのメッセージは心は届く筈!

どんなメッセージでも伝わるはずです。

スポンサーリンク

関連記事

七五三でお母さんの服装は?写真撮影の時どうするのがいいの?

わが子の七五三、折角一生の思い出として残すのですから記念写真撮影も華やかにしたいですよね。 で

記事を読む

お中元を職場の上司へ贈りたい!挨拶文はどう書く?!

いつもお世話になっている職場の上司宅へお中元を贈ろう…そこでいざ商品選びを始めた時「お中元のマナーは

記事を読む

子供のハロウィン仮装は手作りで!男の子オススメの衣裳は?

ハロウィンの季節になるとバラエティショップなどでも仮装の衣裳や小物が売り出されますが、子供サイズくら

記事を読む

お盆にナスとキュウリで動物を作るのはなぜ?そこには驚きの意味が!

お盆とは、ご先祖様の霊が現世に里帰りする期間のことです。 現代のオトナにとっても、里帰りできる

記事を読む

ハロウィンの衣装は高い?子供なら100均で手作りも可能!

100均で揃わないものなんてない! ハロウィンだけど、そこまで子供にお金をかけてあげられない…

記事を読む

お盆のお布施の金額はいくらが妥当?コレを見ればわかります!

お盆になると仏壇を置いているご家庭ではお寺からお坊さんに来てもらってお経をあげてもらいますよね。

記事を読む

七五三熨斗袋の正しい書き方!あなたは大丈夫ですか?

七五三の時期が近づいてきました。 皆さん正しい熨斗袋の書き方は知っていますか? 実はバタ

記事を読む

クリスマスデート!24日と25日のどっちが望ましい?

クリスマスは、聖なる夜。 好きな人がいるなら、この日にデートしたいと思う人も多いですよね。

記事を読む

七夕の壁面飾りはやはりコレ!天の川を描いてみよう!

七夕の飾りといえば『笹の葉飾り』が思い浮かぶと思いますが、大きな壁面に天の川を描く『壁面飾り』をして

記事を読む

ポインセチアの育て方!室内でもバッチリ育つ簡単なポイントはコレ!

クリスマスの植物は?と聞いてまっさきに思いつくのはポインセチアですよね。 綺麗で華やかだけど育

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

いちご鼻は産毛が原因?黒くみえる場合のお手入れ方法はコレ?

あなたは、いちご鼻の産毛の手入れに困っていませんか? 鼻の毛穴に

→もっと見る

    PAGE TOP ↑