残暑見舞いはこう書く!先生宛にふさわしい文例集をご紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 季節のイベント/行事, 残暑見舞い

お世話にになった先生に書中見舞いを出しそびれたので残暑見舞いを書こうと思ってもどのように書けばいいか考え込んでしまってはいませんか?

そんな方々の為にいくつか文例をご紹介したいと思います。

もちろん、学生が先生に残暑見舞いを送る場合の文章と、卒業後学生時代にお世話になった先生に送る文章では多少言い回しは違ってくるものです。

そういったことも含めていくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

先生宛の残暑見舞いの文例は?

もちろん、学生が先生に残暑見舞いを送る場合の文章と、卒業後学生時代にお世話になった先生に送る文章では多少言い回しは違ってくるものです。

そういったことも含めていくつかご紹介したいと思います。

冒頭の「残暑お見舞い申し上げます」は省略させていただきますね。
20160408-3

 

<中学生・高校生に合う文例>

■その①

「お盆を過ぎてもまだ暑い日が続いていますがいかがお過ごしですか?私は夏休みの宿題も順調に進み、部活の練習も楽しく頑張っています。」

■その②

「暑い日が続いていますが先生は夏バテなどせず元気に過ごされていますか?夏休みも残り少なくなりました。二学期からもよろしくお願いします。」

このようにかしこまった言葉は使わず普通の言葉で書いて問題ありません。

もし、先生から書中見舞いをもらっていて、お返しに残暑見舞いを書く場合「書中見舞いありがとうございました」の一文を入れたほうがいいでしょう。

 

 

<大学生に合う文例>

「8月も半ばをすぎましたがまだまだ暑い日が続いていますね。先生は元気に過ごされていますでしょうか?私はアルバイトやサークル活動など充実した夏を過ごしています。」

………など、近況を書いて、文末には「残暑も厳しいかと思いますが夏バテなどされませんようくれぐれもご自愛ください」と先生の健康を気遣い一文を入れるようにしましょう。

 

 

<卒業後に恩師への文例>

「卒業以来になりますがいかがお過ごしでしょうか?」

「ご無沙汰しておりますがお元気でいらっしゃいますか?」

など、「お久しぶりです」という気持ちを表しましょう。

その後は「ようやく仕事にも慣れ、先輩に聞きながらではありますが、充実した毎日を過ごしています。」「最近転職をし、悪戦苦闘の毎日です。」など、自身の近況をお知らせすればいいのです。

 

私も高校時代の同級生と担任の先生で20数年ぶりの同窓会に参加したことがありましたが、先生は卒業した生徒がどのような人生を歩んでいるのかを知ることが出来るということは

とても嬉しいことのようです。

 

そしてしめくくりには先生の健康を気遣う一言は忘れないようにしましょう。

「夜には涼しい日も増えてきましたので体調を崩されませんようくれぐれもご自愛ください」「残暑厳しい毎日ですが、体調を崩されませんようご自愛ください」など…

 

 

 

いつかまでが暑中見舞い?

書中見舞いは小暑(しょうしょ)と呼ばれる7月7日頃から立秋までとされています。

梅雨明け頃からお盆までという説もありますが、日本は縦長で梅雨明けの時期は地方によって違いますよね。

ですので、ニュースなどで沖縄や九州が梅雨明けしたという発表があれば書中見舞いのシーズンと考えてもいいでしょう。

20160408-3

 

 

 

残暑見舞いはいつから?

前の項目の続きですね。

書中見舞いの終わり、立秋を迎えた後は残暑見舞いになります。

 

ですが、きっちりと「ここまで」と決められているものではないので、実際はお盆を過ぎた頃から『残暑見舞い』とする人が多いかもしれませんね。

決してこの判断も間違いではないのですが、残暑見舞いでも831日までには到着するように出しましょう。

スポンサーリンク

残暑見舞いに使うハガキは?

結論から言えば、官製はがきでもかもめーるでもどちらでも構いません。

絵はがきに切手を貼って出しても問題ありません。

ただ、暑中見舞い用に売っているかもめーるを使うと「この夏の為にわざわざ…」という印象がつくので、可能であればかもめーるを使うほうがいいでしょう。

20160408-3

 

ですが、夏も後半になるとかもめーるは売り切れていることもあります。

時期が遅くなった場合は、もしかしたら金券ショップ行けば不要になったかもめーるを売りに来る人がいるので在庫があるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

これまで先生に出そうとは考えていたけど書こうか迷って出しそびれていた人。

今年はぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

お盆のお布施の金額はいくらが妥当?コレを見ればわかります!

お盆になると仏壇を置いているご家庭ではお寺からお坊さんに来てもらってお経をあげてもらいますよね。

記事を読む

葉書で送る暑中見舞いの文例紹介!これで送れば間違いなし!

夏になると、季節の挨拶状で暑中見舞いを書く機会も増えてくると思います。 普段お世話になっている

記事を読む

江戸川花火大会の穴場スポットは?2015の日程は?

夜空を彩る花火大会。 今回は「江戸川花火大会」についてご紹介します。 江戸川花火大会とは

記事を読む

七五三の初穂料はいくら?封筒の書き方はどうしたらいいの?

七五三の準備のひとつとして、初穂料とそれを入れる封筒が必要ですよね。 料金がどのくらいかかるの

記事を読む

靖国神社みたままつり2015の日程とみどころ

靖国神社といえば、聞いたことがある人がほとんどだと思います。 そんな靖国神社でお祭りが開催され

記事を読む

七五三で神社へ納めるお金はどうすればいい?書き方は?

七五三で神社へお参りする際、神社に納めるお金を初穂料(はつほりょう)と言いますが、初穂料をどのような

記事を読む

年賀状の捨て方は?誰でもできる風水術!

毎年たまりにたまる年賀状の処分の仕方って困りますよね?写真付きや大切な人からの物だと取っておきたいか

記事を読む

七夕ソングといえば何が浮かぶ?人気の曲ランキング♪

七夕といえば『笹の葉飾り』『短冊』『天の川』こういった『目で見る』物が真っ先に思いつきませんか?

記事を読む

福岡の花火大会2015!私のオススメはココだ!

福岡県で行われる花火大会の中で、おすすめの花火大会をご紹介します。 関門海峡花火大会2015

記事を読む

2016年のハロウィンの日にちはいつ?意外と知らない事!

毎年10月頃になると、街のあちこちでハロウィンのイベントが開催されます。 コスプレを楽しんだり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑