お中元の手渡しマナーを知ろう!渡して喜ばれる物はコレだ!

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 季節のイベント/行事, お中元

お中元とは、半年間お世話になった方へ感謝をこめて贈る品物の内、7月初旬から8月中旬にかけて贈られるもののことです。

最近ではデパートやカタログで選んだら、そのまま贈り先へ送られることが多いのですが、もとは直接お伺いし、手渡しで贈っていたもの。

郵送や配送でも失礼にはあたることはありませんが、特にお世話になった方には直接手渡しでお渡ししたいですよね。

手渡しのマナーをおさえて、スマートにお中元を贈りましょう!

スポンサーリンク

お中元の手渡し基本マナー!これだけ押さえておけばOK

 

  1. 品物の金額

親しさの度合いによって、金額相場が変わってきます。

 

・親戚や知人など、一般的な間柄:¥3,000~4,000程度

・上司や仲人など、改まった間柄:¥5,000前後

・特にお世話になった方:¥10,000程度

 

あまり高額な品物だと負担に感じる方もいますので、高ければいいというわけでもないのです。

今だと¥3,000くらいでも結構イイ商品が揃っているので、相手が何をもらったら喜んでくれるのかを考えて選びましょうね!
20160408-3

  1. のし

のし”とは、一般的に「お祝い品や贈答品の包装の上から掛ける紙+紅白の紙が織り込まれた短冊状の紙、そして水引を含めたもの」をさします。

相手に対する敬意を表すものなので、感謝の意を込めるお中元には必須のものとなります。

 

デパートなどで購入したお中元であれば、通常“のし”がついていますが

自分で用意する場合は、掛け紙と水引などを用意する必要があります。

↓自分で作成&印刷できる便利サイトもありますよ!

http://www.noshi.jp/

 

 

  1. 渡し方

相手が忙しいときに訪問してしまうのは、完全にマナー違反です!

よって、相手の都合を確認してから訪問しましょう。

玄関先ではなく、きちんとお部屋に通してもらってからお渡しするのが原則ですが、

長居してしまっては迷惑になるケースもありますので、状況を見て判断しましょう。

また、渡す相手に正面が向くように渡しましょう。

20160408-3

 

 

  1. 喪中の時のお中元

お中元はお祝い品ではないので、喪中であっても贈っても差し支えないものとされていますが、やはり贈る側も受け取る側も少し気になるもの。

そこで、事前に贈り先に承諾を得たうえで、お送りするのがよいとされています。

 

 

 

見落としてない?実は受け取る側にもマナーがある!

贈られる側としては、お返しの品などを渡す必要は、基本はありません。

お礼の心をお伝えして、受け取りましょう。

郵送や配送で受け取ったならば、できるだけ早くお礼の心をお伝えするのがマナーです。

電話+お礼状を送るのが最も丁寧なお礼になりますが、お礼状だけお送りしても失礼にはなりません。

ある程度親しく、カジュアルな対応が許される間柄なのであれば、電話やメールなどでも大丈夫です。

 

お礼だけでは申し訳ないような相手なのであれば、頂いたものと同等程度の返礼の「お礼の品」か「お中元」を贈った方がよいでしょう。

スポンサーリンク

番外編!もらって嬉しかったモノ&実はちょっと迷惑だったモノ・・・

これはもらって嬉しかった!逆にこれはもらって困った・・・というお中元を紹介します。

是非ご参考にしてみて下さい。

 

○嬉しかったもの

・商品券など

お中元というと箱に入っているイメージですが、実は金券など、紙類もOKなんです。

なんかお年玉みたいですけど、好みでないものを贈られるより、好きに使えるものの方がありがたい・・・というのが正直なトコロみたいです。

 

 

×困ったもの

・生鮮食品

お中元の時期は、お盆帰省などで家にいないことも多く、また暑い季節ゆえに食品の傷みも速いので、相手の手元に届く前にお中元自体がダメになってしまう可能性も・・・

これでは贈られた方も申しわけなく感じてしまいますね。

贈り先の方に気を遣わせないよう、できるだけ避けた方がブナンかも。

20160408-3

 

・食器類など、長く残るもの

好みや贈り先の状況を熟知しているのならばいいけれど、そうでないなら難しいのがコチラ。

好みじゃなかったり、人数に合わなかったり・・・などなど、色々問題が出やすいです。

やっぱり“消えモノ”ギフトが気を遣わせなくてイイかもしれませんね。

20160408-3

 

・洗剤や石鹸類など、生活用品

お中元の品として人気の洗剤や石鹸類。

だけど、人によって好みがかなり分かれるものなので、実は難しい品なのです。

そういえば私の祖母も大量に温泉の素を余らせていたような・・・

 

「個人によって好みが大きく分かれるもの」「長く残るもの」、逆に「保存がきかないもの」は難しい、と覚えておくとよさそうです。

贈る品物にまで気を配れてこそ、真のマナー美人です!

スポンサーリンク

関連記事

ハロウィンで化粧をする男はモテますか?難易度別に7選を紹介!

ハロウィンではしゃぐのは女だけの特権なのか? 男だって化粧して、仮装して、思いっきりハロウィン

記事を読む

ハッピーハロウィン!ハロウィンにハッピーがつく意味とは?

ハロウィンに「ハッピーハロウィン!」と言ったり、装飾で「happy Halloween 」という文字

記事を読む

靖国神社みたままつり2015の日程とみどころ

靖国神社といえば、聞いたことがある人がほとんどだと思います。 そんな靖国神社でお祭りが開催され

記事を読む

卒業式の髪型は?母はミディアムがいいんじゃない?

そろそろ卒業式のシーズン。そこで悩むのは母の服装や髪型ですよね。 特に、スーツでほぼ決まりのお

記事を読む

七五三を迎えるママ必見!オススメのスーツと靴はコレ!

お子様がめでたく七五三を迎えるにあたり、主役であるお子様の衣裳は早めにしっかりと準備をされていること

記事を読む

七夕の壁面飾りはやはりコレ!天の川を描いてみよう!

七夕の飾りといえば『笹の葉飾り』が思い浮かぶと思いますが、大きな壁面に天の川を描く『壁面飾り』をして

記事を読む

ハロウィンメイクは白塗りでド派手に!道具はどうする?!

10月31日といえば!ハロウィンですよね! 近年、街中で奇抜なハロウィンメイクをして仮装を楽し

記事を読む

スタジオアリスで七五三!着物のレンタル料金はいくら?

七五三といえば、お参りですね。 そして、写真撮影です。 お子様にどんな着物や衣装を着ても

記事を読む

埼玉の初日の出の穴場ってどこ?初日の出と由緒あるお守りゲット作戦!

もうすぐ2016年も終わりですね。 この時期になると、こんな人もいるはず「初日の出が見たい!」

記事を読む

夏の初盆でお勧めの服装は?涼しくマナーを守ろう!

初盆の服装といえば、通常は喪服や平服ですが、暑い夏の時期に喪服を着るのは抵抗がありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑