熱中症の翌日も症状が続く!これは何?どうしたらいい?

公開日: : 最終更新日:2017/02/21 健康/病気/医学, 熱中症

夏の炎天下の中、外に長時間いたら熱中症になってしまった!

涼しいところでひと休みして回復したものの、なんだか翌日も体が熱い、頭が痛い。

いったん治ったはずなのに、どうして?

そう、実は熱中症はすぐに回復するわけではないのです!

熱中症の症状と翌日まで長引く理由、そして対策について調べてみました。

スポンサーリンク

熱中症の症状ってどんなもの?翌日には治る?

「熱中症」とは「高温の状況下で発生し、体温調節機能がうまく機能しないためにあらわれる症状」のことを指します。

具体的な症状としては、「めまい、失神、頭痛、吐き気、全身の倦怠感、意識障害、けいれん」などがあげられます。

ヒトの体の仕組みとして、最高でも41℃程度にしか上がらないようになっていますが、熱中症になると、体温の温度調節ができなくなってしまうのでその限界を超えてどんどん体温は上昇していきます。

生命活動が維持できる体温の上限としては、42℃といわれていますので熱中症は命にもかかわる、重大な症状だといえます。

 

さて、その熱中症の対策としては非常にシンプルで、「体を冷やすことで対処できます。

20160408-3

涼しい場所に避難する氷のうなどで冷やす、など外から冷やす方法とスポーツドリンクや経口補水液で水分補給するなどの内側から冷やす方法があります。

熱中症になってしまっても、これらの対処をすることで症状が緩和されますが、翌日になってもその症状が続いたり、いったん引いたと思った熱が再発することもあります。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

 

 

 

熱中症はウイルスなどの発熱ではなく、体の機能異常

インフルエンザなどのウイルスによって起こる発熱であれば、適切な治療や投薬により完治させることができます。

また、いったん病気にかかった後は免疫ができるなどし、無理をしたりしなければすぐに再発したりすることはありません。

しかし、熱中症においては「完治する」というものではありません。

何故ならば、熱中症とは体の体温調節機能の失調によって起こるものだからです。

そもそも熱中症とは、人間に備わっている体温調節機能以上の環境におかれ、脳などの臓器や、体内酵素の稼動限界の温度を超えてしまう為にあらわれる症状です。

体温調節機能以上の環境におかれた場合は、その場から直ちに避難することで防げますし、体温調節機能がきちんと機能するのであれば、汗をかいたりするなどして一時的に体温が上昇しても、正常な温度に保たれますので問題はありません。

ただ、翌日も熱中症が続くような場合はこの体温調節機能が低下していることが考えられます。

スポンサーリンク

熱中症から回復しよう!改善のポイント

体温調節機能を司っているのは、間脳の「視床下部」とよばれる場所です。

20160408-3

この視床下部は、自律神経系に属している為、自分の意志で動かすことができないものの日々のストレスや不規則な生活により、見えないダメージを受けています。

これでは本来の機能が発揮できないのも当然。

では、この視床下部の負荷を減らし、回復に向かわせる為にはどうすればよいか?

今すぐできる方法をご紹介します!

 

 

寝る前にスマホやPCなどの光刺激を与えない

視床下部は、目から入る光によって刺激を受け、体内時計を調節します。

そのため、寝る前に光刺激を入れてしまうと、昼だと脳が勘違いをしてしまい、脳が起きっぱなしの状態になるので、質の良い睡眠をとることができなくなります。

少なくとも、寝る1時間前にはテレビやスマホ、PCを見るのをやめましょう。

20160408-3

 

 

湯船につかり、汗を出す

空調が効いた室内にいる生活だと、汗をかいて体温を調整する力が弱まります。

シャワーだけで済ませている人は、毎日でないにしてもじわっと汗をかくくらいまで湯船につかる習慣をつけたいものですね。

 

 

深い呼吸を意識する

視床下部が属する自律神経は、その名の通り自分の意志では動かせないのですが呼吸によって、自律神経系に働きかけることができるのです。

ストレスを感じているとき、緊張を感じて心臓が波打つとき、ヒトは自然と呼吸が浅くなっています。

そんなとき、深く息を吸い込み、ゆっくりと吐き出す。

深い呼吸を繰り返すことで、副交感神経が優位になりますので是非試してみて下さい。

20160408-3

 

軽い症状に思えても、実は見えない病気につながっていることもありますので「何かヘンだな・・・」と感じたら、自分で決めつけずに信頼できる医療機関ですぐに診察をうけましょう。

スポンサーリンク

関連記事

手の甲に蕁麻疹!原因なんでしょうか?

手の甲に謎のぷっくりした腫れや、プツプツが出来る事ってないですか? 湿疹なのか蕁麻疹なのか分か

記事を読む

どくだみ茶の効能と効果は?副作用はあるの?

昔から体にいいと飲まれている「どくだみ茶」。 どくだみ茶の効能と効果は?副作用はあるの?

記事を読む

インフルエンザの予防接種の効果の出るのはいつからかでるの?

毎年冬になると猛威をふるうインフルエンザ。 通勤や通学に影響が出ないようできる限りの防御をした

記事を読む

花粉症の注射にステロイドって安全なの?副作用は大丈夫?

春の季節になってきました。 やっと寒さから解放され、暖かい日差しが心地いいですよね。 し

記事を読む

2017年冬から始める花粉症対策は腸の体質改善しましょう!

冬も折り返しを迎えて次は春がやってきます。 春といえば辛いのは花粉症ですね。 私も花粉症

記事を読む

インフルエンザの潜伏期間は?とくにb型の感染力はどれくらいヤバイ?

インフルエンザと一言で言っていますが、詳しくはa型、b型、c型に分類され、もっとも重篤で感染者も多く

記事を読む

いちご鼻は産毛が原因?黒くみえる場合のお手入れ方法はコレ?

あなたは、いちご鼻の産毛の手入れに困っていませんか? 鼻の毛穴に角栓が詰まって毛穴も開いて見た

記事を読む

熱中症で汗が出ない時の対処!汗を掻きにくい人ほど注意!

中々汗を掻かない体質の人っていますよね。 そういう人ほど、熱中症にかかった時に体内に熱がこもっ

記事を読む

ココアの効能は?ダイエットできる飲み方ってあるの?

一昔前にも流行った「ココアダイエット」。 飲み方を間違えると逆に太っちゃったなんて…。

記事を読む

花粉症に効くツボ!特に耳たぶのツボってどこ?目のちょこっと緩和ケア!

花粉症が怖い時期になってきましたね。 2017年に関して、今のところ関東は例年よりも、花粉の飛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

いちご鼻は産毛が原因?黒くみえる場合のお手入れ方法はコレ?

あなたは、いちご鼻の産毛の手入れに困っていませんか? 鼻の毛穴に

→もっと見る

PAGE TOP ↑