浴衣の裾上げってどうやるの?簡単なやり方をご紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/07/26 浴衣, ファッション

どうしてもこの柄!ということで買った既製品の浴衣はサイズが合わないことも多々ありますよね。

着物なので「おはしょりでなんとかなる」と思っていてもやっぱり長いということもあるでしょう。

そこで、簡単にできる浴衣の裾上げの方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供の浴衣の丈が長い場合は?

大人の腰のたくし上げの部分は“おはしょり”といいますが、子供の浴衣の場合は“腰あげ”と言ったりもします。

20160408-3

子供の成長は早いので浴衣も大き目を買われる人が多いものです。

ですので、小さい頃はおはしょりの部分を長めに作って着せている人もいらっしゃいますよね。

ですが、極端に大きくなってしまわなければ子供の場合は見た目もそれほど悪くはないものです。

20160408-3

子供の裾上げをする場合は、おはしょりのところで調整して塗ってしまうことが多いようです。

子供の場合はおはしょりを作って紐で締めると苦しさを感じるので楽に着せるにはこの方法がいいかもしれません。

では手順を簡単にご紹介したいと思います。

 

■首の後ろの真ん中の骨から足首のくるぶしまでの長さを測り腰上げの寸法を出します。

20160408-3

(引用元:http://www.kyozome.info/kitsuke_yukata_age.php)

 

 

■どの部分で腰上げ(おはしょり)を作るかを決めます。

20160408-3

(引用元:http://www.kyozome.info/kitsuke_yukata_age.php)

 

 

■上げ山から上下均等になるように腰上げ分の半分をつまみまち針で固定します。

この時、下前の衿端は1センチ余分につまみます。

20160408-3

(引用元:http://www.kyozome.info/kitsuke_yukata_age.php)

 

 

■二つ目落としで塗っていきます。(表側が細かい目になるように)

20160408-3

(引用元:http://www.kyozome.info/kitsuke_yukata_age.php)

 

 

※二つ目落とし縫い

20160408-3

 

浴衣ではなく着物ですが、わかりやすい動画を見つけましたので参考にしてみてください。

 

 

 

大人の浴衣の裾上げは?

子供と違い大人の人が着る浴衣は着付けが綺麗でないと見た目の印象もちょっと良くないですよね。

おはしょりで着丈を調整するにも、子供とは違い”おはしょり”が大きくなってもカッコ悪くなってしまいます。

20160408-3

 

大人の丈が長い場合も腰のところで縫い込んでしまう方法が仕上がりは一番綺麗です。

着物の場合、裾を切ると衿下から裾までのバランスが悪くなってしまうので、着つけたときに全体のバランスが悪く見える恐れがあります。

子供の腰上げの方法同様に腰のところを縫い込んでしまって問題ありません。

「着る時に”おはしょり”はちゃんと作って着たい」という人は”おはしょり”を作る長さを考慮し、たくし上げて塗ってしまえばいいのです。

スポンサーリンク

ハサミを入れることに迷いがないなら裾を切って調整

勇気を出して買うほどの高い浴衣ならハサミを入れるには心がひけるかもしれませんが、迷いなくハサミを入れられるものであれば、裾を切って縫い直す方法が裾上げとしては一番簡単かもしれません。

その場合は、前の項目でもお伝えしたとおり、着物として衿から裾までのバランスは多少悪くなるということは頭に置いておいてくださいね。

「それでも気にしない」という人のみ実行に移してください。

20160408-3

まずは、一度おはしょりを作ってちゃんと着てみてどのくらい長いのかをきちんと測りましょう。

裾を縫う時は8mmほどの幅で三つ折りにしますので、折り込む分を考慮して長い分を切ってください。

20160408-3

(引用元:http://kimono-story.com/315.html)

裾を切る前でも後でもいいですが、合わせの折り込んでいるところも糸を外して広げておきましょう。

20160408-3

(引用元:http://kimono-story.com/315.html)

印の部分をアップにした画像です。

折り込み方の手順はこちらです。

20160408-3

(引用元:http://kimono-story.com/315.html)

まず合わせの部分を一度折り、次に角を折る。

20160408-3

(引用元:http://kimono-story.com/315.html)

そして合わせの部分をもう一度折る。

20160408-3

(引用元:http://kimono-story.com/315.html)

そして裾を三つ折りに折ります。

20160408-3

(引用元:http://kimono-story.com/315.html)

角をしっかり作ってくださいね。

この部分は裏からすくうように縫います。

20160408-3

(引用元:http://kimono-story.com/315.html)

三つ折りにした部分を縫う時は、縫い目が出てもいいならミシンをかけてしまってもいいですが、表に縫い目が出ないようにするなら細かくまつり縫いをしてください。

こちらのサイトは着物に関することが色々書かれているので参考にしてみてください。

きもの物語

 

せっかく着るのなら気になるところは一切なくした状態で気持ちよく着たいですよね。

本当に綺麗にバランスよく丈を直すには衿のところをほどいて全体的に短くするのがいいのですが、和裁に慣れていない人はプロの人にお任せをしたほうがいいでしょう。

裁縫が出来る人であれば簡単だと思いますので、自分で手を加えても惜しくない浴衣ならご紹介した方法をぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

旅館での男性の浴衣の着方は?そつなく着こなしたい方へ!

温泉旅館などに泊まった時に、着る機会の多い浴衣。 ウキウキしながら袖を通すも、「ちょっと待って

記事を読む

浴衣って左右のどちらが前?夏までに覚えておきたいマナー

もうじき夏祭りなどの行事ごとで、浴衣を着る機会が増えてきますよね。 浴衣を着ようと思ったとき、

記事を読む

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたことありませんか? 浴衣は訪

記事を読む

秋の結婚式!二次会に出席するのにオススメの服装は?

どんな季節でも何歳になっても毎回困るのが結婚式や二次会の服装ではないでしょうか。 『カジュアル

記事を読む

浴衣のあわせ、意外と知らない左と右はどっちが上?

普段着と同じように着る浴衣。浴衣の前を合わせる時、右を上にするのか左を上にするのか、着物になじみのな

記事を読む

浴衣に対する海外の反応は!?あなたは知っていますか?

浴衣といえば、着物と同様に日本の伝統文化の一つですよね。 私たちが当たり前に着ている浴衣が、海

記事を読む

秋に結婚式に呼ばれた場合に女性の服装は?ちょっと目立つコツ!

結婚式の場所により、何を着ていいか迷うのが秋。 暑いのか寒いのか分からないですよね。 秋

記事を読む

子供用の浴衣の縫い方紹介!ミシンがなくても縫えるやり方

夏と言えばお祭りや、色んな行事ごとがあって、浴衣を着る機会も増えてきますよね。 お母さんの中に

記事を読む

着付けデビュー!浴衣に必要なものを揃えましょ!

梅雨があければもう夏はすぐそこ。 楽しいイベントが目白押しです。 夏祭りや花火大会デート

記事を読む

浴衣の衿の右上と左上、どっちが正しいの?困った時は!

夏目前!夏祭りや花火大会など、着物や浴衣を着たくなることが多いこの季節。 今では和服の着こなし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

いちご鼻は産毛が原因?黒くみえる場合のお手入れ方法はコレ?

あなたは、いちご鼻の産毛の手入れに困っていませんか? 鼻の毛穴に

→もっと見る

PAGE TOP ↑