即効でできる口内炎の治し方の5つのポイントとは?!

公開日: : 最終更新日:2017/02/21 健康/病気/医学, 口内炎

痛い口内炎、なにもせずに放っておくとどんどん大きくなって辛さも増しますよね。

できれば小さいうちに手をうってなるべく早く治したいものです。

そこで、即効でできる口内炎の治し方についてポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

口内炎には4つの種類がある!

ひとことで口内炎といいますが、実は口内炎には発症原因や症状により4つの種類にわかれているんです。

20160408-3

 

<アフタ性口内炎>

一般的によく見られるタイプの口内炎で、発症する人も一番多いです。

5~6mmの白いや黄色がかった白の円形状で、周りが赤く腫れているのが特徴です。

ストレスや体調不良、胃腸の弱った時、睡眠不足などが原因で発症します。

 

<カタル性口内炎>

口の中がザラザラとした感じで赤くただれたようになります。

ひりひりとするだけで痛みはそれほどないのが特徴です。

入歯や矯正器具の影響や歯周病などで口の中が不衛生になったことにより発症します。

20160408-3

 

<ウイルス性口内炎>

口の中に小さな水泡の集合体のようなものができ、そこが破れて口内炎の症状になるのが特徴です。

発熱やリンパ節の腫れも同時に見られることが多く、痛みも強いです。

20160408-3

 

<カンジダ性口内炎>

カンジダ菌というカビ菌により発症します。

免疫力の落ちた人に起こりやすいと言われています。

口の中に白い苔のようなものができて、ガーゼなどでふき取ることができますが、ふき取ったところは赤く炎症を起こしており、ヒリヒリとした痛みを感じます。

20160408-3

 

 

アフタ性口内炎を即効で治すには?!

種類によって治し方もさまざまですが、今回は一番多く見られるアフタ性口内炎を即効で治す為のポイントをご紹介したいと思います。

20160408-3

 

<ポイント①>口の中を清潔にする

口の中にはたくさんの細菌が生息しており、この菌達は口内炎でできた傷を容赦なく攻撃していきます

口内炎の真ん中に穴があいていることがありませんか?

これは菌の仕業です。

こうなることを回避する為にも塩水やマウスウォッシュ、うがい薬などで頻繁にうがいをして口の中を清潔に保つようにしましょう。

20160408-3

 

20160408-3

ミネラルウォーターでのうがいだけでも効果はあります。

その場で治るほどの即効性はありませんが、早期に治すには口内炎が小さい時からの対処が大切です。

 

<ポイント②>薬をつける

薬を口内炎の患部につける方法です。

どちらかというと初期というより少し穴のあいた状態のほうが薬がきちんととどまってくれるかもしれません。

20160408-3

塗り薬や口内炎に貼るタイプのものがありますが、貼るタイプの薬については痛みの軽減という部分では即効性があります。

患部をすぐにカバーするので刺激から守ってくれます。

 

<ポイント③>唾液の分泌をうながす

口の中の細菌を増やさないようにするということはポイント①でもお伝えしましたが、口の中の細菌が増える原因に「口の中の乾燥」があります。

細菌を増やさないようにする為にも、口呼吸をしないようにしたり、水分を補給したり、ガムや飴を口に入れるなどして唾液の分泌を促す努力をするようにしましょう。

 

<ポイント④>ビタミン剤サプリを飲む

20160408-3

 

20160408-3

口内炎は栄養の不足、特にビタミン、その中でもB2やB6が欠乏していることにより引き起こされることが多いのです。

ですので、不足している栄養分を補給することで完治への即効性を引き上げることが出来ます。

栄養の補給は数ある治し方の中でも基本事項といえるでしょう。

 

<ポイント⑤>クエン酸水を飲む

クエン酸を摂取すると弱アルカリ性体質になり、口内炎になりにくい体質になります。

頬の内側を噛んだらそこから口内炎になってしまうという人も少なくないと思いますが、弱アルカリ性体質になっていると口内炎になる前にキズが完治します。

口内炎になりにくいだけではなく他の病気にもなりにくくなります。

20160408-3

–クエン酸水の作り方–

クエン酸2.5gに対して浄水250ccを混ぜて飲むだけです。

水道水には塩素が含まれているので、使用する水は天然水か浄水器の水にしてください。

20160408-3

効果のある分量は一日約15gと言われています。

ただ、胃腸の弱い人がこの方法を取ると胃が重たく感じたりすることがあるようですので無理はしないでくださいね。

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?

ご紹介してきた治し方の5つポイントの中でも①と②はかなり即効性が高いのでオススメです。

このポイントの他、睡眠や休息をとるというのも即効で口内炎を治すのには重要なことですので口内炎が出来たら疲れている証拠と思ってしっかり休むようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事

過敏性腸症候群ガス型のセルフチェック方法

過敏性腸症候群には4つのタイプがあることをご存知でしょうか? 下痢型、便秘型、下痢と便秘を繰り

記事を読む

花粉症に効くツボ!特に耳たぶのツボってどこ?目のちょこっと緩和ケア!

花粉症が怖い時期になってきましたね。 2017年に関して、今のところ関東は例年よりも、花粉の飛

記事を読む

インフルエンザの潜伏期間は?とくにb型の感染力はどれくらいヤバイ?

インフルエンザと一言で言っていますが、詳しくはa型、b型、c型に分類され、もっとも重篤で感染者も多く

記事を読む

寝起きに左の背中が痛い!考えられる原因と対策!

朝起きて動こうとした時に背中が痛い!という経験をした方は少なくないのではないでしょうか。 無理

記事を読む

口の臭いの原因かも?臭い玉の取り方を徹底解説!

口の臭いでトラブルを抱えているあなた。 『臭い玉』ってご存知ですか? 日頃から口の臭いが

記事を読む

インフルエンザの解熱剤にロキソニンは効果があるの?

以前は医療機関でしか処方されなかった、解熱・鎮痛・炎症を抑える薬であるロキソニンですが、2011年か

記事を読む

いびきの治し方!マウスピースで改善?

知人と旅行に行ったとき、いびきがうるさくて寝られない!って事ありますよね。 本人は無意識なので

記事を読む

寒気がして腹痛が!これは湯冷め?それとも他の原因?

お風呂から出た後に感じるブルッとした寒気。 「あぁ、湯冷めしたかな…」と思ったら今度は腹痛。

記事を読む

熱中症は何科の病院へ行くべき?事前に知っておきたいこと!

暑い季節になると、よく「熱中症に注意しましょう」という言葉を耳にしますよね。 外で活動をしてい

記事を読む

2017年冬から始める花粉症対策は腸の体質改善しましょう!

冬も折り返しを迎えて次は春がやってきます。 春といえば辛いのは花粉症ですね。 私も花粉症

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

いちご鼻は産毛が原因?黒くみえる場合のお手入れ方法はコレ?

あなたは、いちご鼻の産毛の手入れに困っていませんか? 鼻の毛穴に

→もっと見る

PAGE TOP ↑