乳がんは男でもなる?しこりがったら男性でもヤバイですよ!

公開日: : 最終更新日:2017/02/18 健康/病気/医学, 乳がん

最近、芸能界でも発症される方が多い「乳がん」ですが、女性だけの病気では無いって知っていましたか?

実は男も発症する可能性があるのです!

男でもおっぱいにしこりがあったら、乳がんの可能性が・・・

乳がんについて今一度知識をおさらいし、予防、早期発見に努めましょう。

スポンサーリンク

乳がんになりやすい人とは?

乳がんはもともとアメリカ人に多いと言われています。

アメリカ国内の女性の17万人が毎年乳がんになっているようです。

日本人には少ないと言われていましたが、最近では急増しています。
1121-3

乳がんで最も大きな原因は「遺伝」だそうです。

母親や姉妹が乳がんになった場合、通常の2倍の確立になると言われています。

また、初潮が早かった人(11歳以下)、30歳以上で出産経験が無い、または初産年齢が遅い人、閉経年齢が遅かった方(55歳以上)は一般的に乳がんになりやすいとされています。

乳がんになる原因は女性ホルモンの「エストロゲン」が大きく影響しています。

このホルモンが分泌されている期間が長いほど、乳がんになる可能性が高くなってきます。

妊娠、授乳期間中は分泌が止まるので、その分リスクが減ります。

閉経後はエストロゲンの分泌は止まるのですが、違うホルモンが脂肪組織でエストロゲンに変わるので、閉経後の肥満も乳がんになるリスクの1つです。

 

 

男も乳がんになるって本当?メタボの人は要注意?

1121-3

男にも乳腺はあるので、乳がんになる可能性があります。

男の乳がんによる年間の死亡数は女性の100分の1以下と、稀ですが、女性に比べて他の組織に転移し易いので注意が必要です。

特に、60歳以上の男の高齢の方がかかり易く、乳がんの全症例の約1%を占めているそうです。

症状としては、乳輪の下の固い腫瘤で発症します。

メタボリック症候群と乳がんの関連性が明らかになってきた為、男も乳がんになる可能性は否定出来ません。

 

 

乳がんの早期発見と予防について学ぼう!

1121-3

乳がんは自分で見つける事が出来ます。

早期発見の為に、セルフチェックをする事が大切です。

セルフチェックの仕方は、女性なら毎月、生理が終わって1週間前後に行うのがオススメです。

これは、生理前だと乳房に張りや痛みがあり正確な判断する事が難しいからです。

閉経後の方は月に1度、日にちを決めて行うようにしましょう。

運動不足や肥満も乳がんのリスクとなるので、日々の正しい生活習慣の積み重ねも大切です。

科学的には証明はされていませんが、大豆食品や魚、果物、野菜、お茶等に予防効果が認められたという報告もあるようです。

パセリに含まれるアピジェニンという物質は、がん腫瘍の成長を著しく抑えたという研究結果もあるようです。

また、最近話題のオメガ3系の不飽和脂肪酸も抗がん作用があるとされています。

スポンサーリンク

まとめ

アンジェリーナ・ジョリーが乳がんのリスクを回避する為に乳房を全摘出した話は有名ですが、彼女は遺伝検査で乳がんになり易い変化があった為このような「予防的乳房切除術」という処置を取りました。

遺伝子検査は誰にでも受けられるわけではなく、医療機関の遺伝カウンセリングで血縁者の病歴を調べた結果、卵巣がん症候群や遺伝性乳がんを疑われる人、またはその血縁者が受ける検査となります。

また検査費用が健康保険の適用外となりますので、全額自己負担になりますが、発端者向けで25万円、血縁者向けで5万円と高額です。

なので、私達は普段から自分自身で身体の変化をチェックし、早期発見に努める事が大切です。

女性の場合は、市や企業で定期的に実施される乳がんの超音波検査、マンモグラフィー検査を積極的に受診するようにしましょう。

男の場合も、自分で触診をして、何かしこりを発見した際には乳がんを疑ってみた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

肌断食で皮むけをおこす原因とは!本当に美肌になれるの?

食事を絶つ断食はみなさん聞いたことがありますよね。 では、それと同じような考えで、肌に行うスキ

記事を読む

過敏性腸症候群の診断は何科に行けばいいの?

過敏性腸症候群を疑った場合は診断は何科に行けばいい? 腸だから消化器?ストレスが原因というくら

記事を読む

メラノーマの症状で痛みはあるの?

全身への転移が早く、治療が遅れると死亡率が格段に上昇してしまう皮膚がんであるメラノーマ。 他の

記事を読む

熱中症は何科の病院へ行くべき?事前に知っておきたいこと!

暑い季節になると、よく「熱中症に注意しましょう」という言葉を耳にしますよね。 外で活動をしてい

記事を読む

水素水ってがん予防効果があるの?その驚きのなぞを解説!

日本人の死因の三割を占めている「がん」。 不治の病のイメージが強く、その治療法は苦痛が伴うとて

記事を読む

鼻脂を絞るのはOK?増える原因はどこにある?正しい対処は?

バッチリメイクをしていても、鼻だけ脂浮きして崩れてくるという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか

記事を読む

チョコレートの驚きの効能とは?妊娠中に食べてもいいの!

男女問わず大人気のお菓子「チョコレート」。 意外な効能が今話題に! 妊娠中に食べたら駄目

記事を読む

尋常性疣贅がうつるには条件があるの?早めの治療が必要?

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は『イボ』のことで、肌のポツッとしたできものです。 ところ

記事を読む

2017年冬から始める花粉症対策は腸の体質改善しましょう!

冬も折り返しを迎えて次は春がやってきます。 春といえば辛いのは花粉症ですね。 私も花粉症

記事を読む

夏バテの症状?夏の胃痛はかなりやばいかも!

夏バテといえば、食欲不振・体がだるい・吐き気があるといった症状がすぐに思い浮かぶと思いますが、夏バテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑