おたふく風邪大人の症状ってどんな感じなの?

公開日: : 最終更新日:2016/07/26 健康/病気/医学, 風邪

子供の頃、あなたはおたふく風邪にかかったでしょうか?

もし記憶がない場合は、お母さんに聞いてみた方がいいかもしれません。

最近、大人のおたふく風邪が流行しています。

風邪と似ているので見分けが付きにくいですが、これからの季節、大人のおたふく風邪には注意が必要です。

そこで、「もしかしてこれはおたふく風邪かな?」と思った時の対処についてお話します。

スポンサーリンク

おたふく風邪って何?

おたふく風邪の正式名称は「流行性耳下腺炎」といいます。

ムンプスウィルスの感染で起こりますが、唾を作る臓器である耳下腺や顎下腺などが腫れるのが特長で、子供の場合は3~6歳にかかる事が多いです。

唾や咳などで移る飛沫感染と、鼻水で移る接触感染があります。

出来るだけ人に会わないように気をつけて、出来るだけ周囲の人への感染を予防します。

1118-8

 

 

大人のおたふくかぜの症状は?

1年中掛かりますが冬から春にかけてがピークで、病院では耳鼻科へ行きます。

発熱、頭痛、悪寒、倦怠感など風邪と同じような症状ですが、発症から24時間くらいで腫れ始め、2日目がピークで、3日目からは下がって1週間くらい続きます。

大人の場合は重症化しやすく、40度を超える熱が出ることもあます。腫れる1~2日前が一番感染力が強くなります。

おたふく風邪は熱がない場合もあるため、耳下腺炎や反復性耳下腺炎と見分けるのが難しいです。

腫れと熱が引いた場合は、1週間くらいで職場にも出社可能ですが、念の為に10~14日程度休まれることが多くなります。

 

 

こんなにコワイ、大人のおたふく風邪!?

1.知らないうちに人に移しているかも知れません

感染しても30%の人が発症しませんが、自覚症状はなくても感染力はあるため、知らないうちに人に感染させている可能性があります。

職場や家庭などに広がり、さらにその先の人にまで移してしまうことになりかねません。

 

2.合併症のリスクが高い

髄膜炎、膵炎、難聴にかかる可能性があり、大人は重症化しやすいです。

これら以外にも、高熱のため男性の25%が睾丸炎、女性の7%が卵巣炎にかかると言われています。

特に男性の場合は、睾丸の両方に感染すると不妊の原因となります。

スポンサーリンク

大人のおたふく風邪にどんな治療をするの?

2~3週間の潜伏期間があるため、この間に接触した人には、感染している可能性があります。

おたふく風邪にかかったことを伝えて、感染が拡大しないように対処します。

唾や咳で人に移してしまうので、人とは出来るだけ接触しないように注意が必要です。

しっかりと水分を補給し、腫れを冷やし、自宅で安静にすると、だいたい一週間程度で回復します。

1118-8

 

 

おたふく風邪も予防が一番!

おたふく風邪は一度かかると発症しないと言われています。

子供の頃に掛かったはずだと思う場合も、勘違いだったりおたふく風邪ではなかったりします。

おかしいなと思ったら早めに病院で診断してもらい、投薬治療を受け、自宅で安静にすることをお薦めします。

 

子供のころにおたふく風邪にかかっているかわからない場合は、病院でも調べることができますし、もし掛かっていて、大人になってから予防接種しても問題はありませんので、気になるかたは予防接種しても良いと言われています。

 

おたふく風邪には薬が直接働きかけることはできないため、すべて対処療法になり、自然治癒力での回復を待つのみとなります。

予防接種で80~90%の人に抗体ができるので、大切な人に移さず、自分が発症しても軽く済むために、予防接種があります。

予防接種は5,000~7,000円で病院で接種できますので、シーズン到来前にお近くの病院の耳鼻科に問い合わせしてみてください。(事前に予約が必要なこともあります)

スポンサーリンク

関連記事

インフルエンザの潜伏期間は?とくにb型の感染力はどれくらいヤバイ?

インフルエンザと一言で言っていますが、詳しくはa型、b型、c型に分類され、もっとも重篤で感染者も多く

記事を読む

いちご鼻は産毛が原因?黒くみえる場合のお手入れ方法はコレ?

あなたは、いちご鼻の産毛の手入れに困っていませんか? 鼻の毛穴に角栓が詰まって毛穴も開いて見た

記事を読む

出産と月の満ち欠けの関係って本当にあるの?うわさの真相を解決!

月の満ち欠けは古代より人の生活に深く関わっていると言い伝えられています。 ある田舎では、満月の

記事を読む

花粉症の症状でのどがかゆい!すぐ解決する裏技とは?

寒い冬が過ぎ春の暖かい足音が聞こえてくるのは嬉しいことですが、その反面私たちを悩ますものも一緒にやっ

記事を読む

どくだみ茶の効能と効果は?副作用はあるの?

昔から体にいいと飲まれている「どくだみ茶」。 どくだみ茶の効能と効果は?副作用はあるの?

記事を読む

花粉症の注射にステロイドって安全なの?副作用は大丈夫?

春の季節になってきました。 やっと寒さから解放され、暖かい日差しが心地いいですよね。 し

記事を読む

インフルエンザの予防接種の効果の出るのはいつからかでるの?

毎年冬になると猛威をふるうインフルエンザ。 通勤や通学に影響が出ないようできる限りの防御をした

記事を読む

メラノーマ初期の治療方法は?

メラノーマとは皮膚がんの一種で、ほくろとの見分けがつきにくいことから「ほくろの癌」とも言われています

記事を読む

ココアの効能は?ダイエットできる飲み方ってあるの?

一昔前にも流行った「ココアダイエット」。 飲み方を間違えると逆に太っちゃったなんて…。

記事を読む

夏バテにいい食べ物とは?正しい食事で夏を乗り切ろう!

明るく楽しい気分になる夏ですが、その反面その暑さで体力を奪われ夏バテに苦しむ人もいることでしょう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

結婚を進めるのに結納しないのはアリ?それとも非常識?

ひと昔であれば、『プロポーズ⇒婚約⇒両家への報告⇒顔合わせ⇒結納⇒結婚

マイナンバーを無くしたら再発行は可能?申請はどこに?

平成27年10月から通知が始まり、実際の利用は平成28年1月から開始さ

浴衣は右左正しい着方はどっち?右前で着る?それとも左前?

たまに浴衣を着たとき、「あれ、右左どっちが前だっけ」ってど忘れしたこと

寝汗で首回りのがすごく臭い!その原因と対策は?

寝ている時は誰しも多少の汗はかくものですが、朝起きたら気持ち悪いほどの

セカンドオピニオンを受けたい・・・今の担当医への伝え方は?

セカンドオピニオンを受けたいが、今まで見てもらった先生に自分の気持ちを

→もっと見る

    PAGE TOP ↑